C1000 (飲料)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
C1000から転送)
移動先: 案内検索

C1000(しーせん)は、ハウスウェルネスフーズ(2006年4月2日までは、武田食品工業)が発売している清涼飲料水炭酸飲料を含む)のブランド名のひとつである。1商品にビタミンCが1000mg入っておりビタミンC配合食品のロングセラーブランドとなった。

発売元がハウスウェルネスフーズとなってからしばらくは「タケダ」の商品名・ロゴマークを入れていたが、変更以後はそれに配慮してテレビコマーシャル放送上のサウンドロゴから「タケダ」は外され、2007年10月1日に当時のハウス食品(2013年10月1日以降はハウス食品グループ本社)が完全子会社化し、武田薬品工業との資本関係が解消されたことから、「タケダ」の文字・ロゴマークが外れて単に「C1000」のみとなった。

1990年からシリーズ3作発売開始。以後ビタミンC飲料の草分け的存在となる。

近年では飲料水のほか、キャンディータブレットなどの商品としても発売されている。

タイでは、ハウス食品(60%)とオソサファ英語版社(40%)との合弁企業であるハウスオソサファフーズにより[1]、現地の嗜好に合わせてアレンジした「C-Vitt」ビタミンレモン・ビタミンオレンジが発売されている[2]

主な商品一覧[編集]

  • ビタミンレモン
    • ビタミンレモンゼリー
    • ビタミンレモンホット - 冬季限定
    • ビタミンレモンキャンディ
    • ビタミンレモンタブレット - 終売。親会社のハウス食品から発売されていた
  • レモンウォーター
    • 夏を中心に、冷凍対応ペットボトルが主にスーパーやコンビニエンスストアで販売される。
  • ビタミン&Ca( - アンドカルシウム) - 終売
  • ビタミン&Fe( - アンドエフイー) - 終売
  • ビタミンホワイト - 終売
  • リフレッシュ<レモン&ライム> - 終売
  • ビタミンドリンク
  • リフレッシュタイム

歴代CMキャラクター[編集]

武田食品工業時代[編集]

ハウスウェルネスフーズ時代[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “タイにおける合弁会社設立に関するお知らせ” (pdf) (プレスリリース), ハウス食品, (2011年9月26日), http://housefoods.jp/company/news/dbpdf/215034768533be4.pdf 2013年7月4日閲覧。 
  2. ^ 第67期営業のご報告(第2四半期) (PDF) (ハウス食品)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]