Bluehole

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Bluehole, Inc.
現地語社名 ㈜블루홀
ラテン文字名 (Ju) Beulluhol
以前の社名 Bluehole Studio, Inc. (2007–2015)
企業形態 非公開会社
業種 コンピュータゲーム
創業者 Chang Byung-gyu
主要人物
製品
所有者
子会社
ウェブサイト bluehole.net
テンプレートを表示

Bluehole, Inc.[注釈 1](旧: Bluehole Studio, Inc.[注釈 2])は韓国のビデオゲーム開発企業。城南市盆唐区を拠点としている。Chang Byung-gyuが2007年3月にソウルにて設立した。

歴史[編集]

2007年3月、Chang Byung-gyuがソウルに「Bluehole Studio」を設立した[1]。1997年に他の7人の共同創業者と共に「Neowiz」を設立したChangは、2005年にNeowizを退社し、同年に検索エンジン開発企業「First Show」を設立したが、翌年には検索エンジン技術をNHNへと売却した[2]。2015年4月22日にBluehole Studioは社名を「Bluehole」に変更したと発表した。

Bluehole買収提案が同社に拒絶された後の2017年8月、中国の持株会社のテンセントは、Blueholeに資金を投資した[3](金額は非開示)。Blueholeは当初いかなる出資も行われていないと否定したが[4]、後にBluholeの株式の取得を含む複数の提携においてテンセントと協議中であると述べた[5]。その後、テンセントは合計700億ウォンでBlueholeの株式1.5%分を取得した[6]。テンセントは2017年11月にBlueholeを完全買収する意向を再確認した[7][8]。韓国の雑誌「コリアタイムス」はBlueholeが株式公開により公開企業となるかもしれないと示唆したが、それはByung-gyuのBlueholeと「第四次産業革命委員会」の会長の地位により「論外であった」[9]。当時、非上場の韓国の株式を追跡する企業「38 Communications」はBlueholeの企業価値を5兆2000億ウォンと評価した[10][11]。テンセントは更に10%分の株式を約5000億ウォンで取得し、合計保有株の割合を11.5%まで高める意向である[12]。株式の追加取得によりテンセントは単一の株主としてはBlueholeの創業者兼会長で同社の株20.6%分を保有しているChang Byung-gyuに次ぐ第二位のBlueholeの株主となった[13]

子会社[編集]

現存[編集]

Bluehole Pnix[編集]

Bluehole Pnixはモバイルゲームの開発企業。同社は2012年に「Pnix Games」として設立された[14]。2015年4月22日、BlueholeはSquallと共にPnix Gamesを買収したと発表した。Pnix Gamesは2016年6月に社名をBluehole Pnixに変更した。

Bluehole Squall[編集]

Bluehole Squallはモバイルゲームの開発企業。同社は2013年にNeowizの創設メンバーのPark Jin-seokによって「Squall」として設立された[15] 。Blueholeは2015年4月22日にPnix Gamesと共にSquallを買収したと発表した。Squallは2016年3月に社名をBluehole Squallに変更した。

En Masse Entertainment[編集]

En Masse EntertainmentはBlueholeの北米販売子会社。同社は2008年6月にBluehole Interactiveとして設立された。2010年2月26日、同社は社名をEn Masse Entertainmentに変更したと発表した[16]

PUBG Corporation[編集]

バトルロイヤルゲーム『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』(PUBG)を開発したBlueholeの内部スタジオ。同社はGinno Gamesとして設立された。2015年1月27日にBlueholeはGinnno gamesを買収することを発表した[17][18]。当時、Ginno Gamesは60人を雇用していた。Ginno Gamesは2015年5月にBluehole Ginno Gamesに社名を変更した。2017年のPUBGの成功後の2017年9月にBluehole Ginno GamesはPUBG Corporationに社名を変更した[19]。第二のオフィスがウィスコンシン州マディソンに設立され、更に2つのオフィスがヨーロッパと日本で開設予定である[20]

閉鎖[編集]

L-Time Games[編集]

L-Time Gamesは2009年6月に設立された[21] 。同社はKnet Investment Partnersから20億ウォン、IMM Investmentsから500万ウォンの出資を受けた[22] 。L-Time Gamesは2014年1月にBlueholeに買収・統合された。

Maui Games[編集]

Maui Gamesは2013年にNeowizの元事業開発トップのWoonghee Choが設立したモバイルゲーム開発企業[23][24]。Bluehole Studioは2015年1月16日に同社を買収すると発表し、同年の10月に買収が完了した 。Blueholeの2017年1月17日の株主総会でMaui Gamesは直ちに清算を開始することを決議した[25]。同社の総従業員数の一部であるMaui Gamesの9人の事業スタッフはBluehole内で直接再雇用された

開発ゲーム[編集]

作品名 プラットフォーム スタジオ
2011 TERA Microsoft Windows, PlayStation 4, Xbox One Bluehole Studio
2015 Devilian Microsoft Windows Bluehole Ginno Games
2017 PlayerUnknown's Battlegrounds Microsoft Windows, Xbox One, PlayStation 4 PUBG Corporation
未公表 Ascent: Infinite Realm 未公表 Bluehole

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 朝鮮語: ㈜블루홀
  2. ^ 朝鮮語: ㈜블루홀스튜디오

出典[編集]

  1. ^ 'Past failures and endurance can make success'” (2017年9月10日). 2018年5月30日閲覧。
  2. ^ 'Serial entrepreneurs' pioneer IT industry” (2017年5月21日). 2018年5月30日閲覧。
  3. ^ McAloon, Alissa. “Report: Tencent invests in Battlegrounds dev Bluehole”. 2018年5月30日閲覧。
  4. ^ Bluehole squashes Tencent investment rumour”. 2018年5月30日閲覧。
  5. ^ Bluehole confirms Tencent talks”. 2018年5月30日閲覧。
  6. ^ Herald, The Korea (2018年4月30日). “Tencent eyes investment in Bluehole, maker of hit video game ‘Battlegrounds’”. 2018年5月30日閲覧。
  7. ^ Tencent still eyes acquisition of PUBG developer Bluehole - report”. 2018年5月30日閲覧。
  8. ^ Tencent could yet acquire Bluehole”. 2018年5月30日閲覧。
  9. ^ Tencent seemingly still pursuing Bluehole takeover bid”. 2018年5月30日閲覧。
  10. ^ One Man’s Journey From Welfare to World’s Hottest Video Game” (2017年9月27日). 2018年5月30日閲覧。
  11. ^ PUBG Developer Bluehole, Inc. Valued at Over $4 Billion”. Shacknews. 2018年5月30日閲覧。
  12. ^ Kerr, Chris. “Report: Tencent could sink $470M into Battlegrounds dev Bluehole”. 2018年5月30日閲覧。
  13. ^ Tencent May Invest $470 Million To Become PUBG Dev's Second Largest Shareholder”. Shacknews. 2018年5月30日閲覧。
  14. ^ 블루홀스튜디오, '블루홀'로 사명 변경...모바일게임사 2곳 인수” (2015年4月22日). 2018年5月30日閲覧。
  15. ^ 블루홀, 모바일게임 사업 본격화…개발사 2곳 인수”. www.ddaily.co.kr. 2018年5月30日閲覧。
  16. ^ Staff, I. G. N. (2010年2月25日). “En Masse Entertainment Debuts as New MMO Game Company”. 2018年5月30日閲覧。
  17. ^ http://www.zdnet.co.kr/news/news_view.asp?artice_id=20150127114002
  18. ^ 블루홀, 지노게임즈 인수…핵심 인재 확보”. www.ddaily.co.kr. 2018年5月30日閲覧。
  19. ^ Playerunknown’s Battlegrounds studio becomes PUBG Corp. [updated]” (2017年9月29日). 2018年5月30日閲覧。
  20. ^ PUBG team will spin off as subsidiary company”. 2018年5月30日閲覧。
  21. ^ 신생 개발사 엘타임게임즈, 25억원 투자 유치 - 게임동아”. game.donga.com. 2018年5月30日閲覧。
  22. ^ News article”. www.zdnet.co.kr. 2018年6月26日閲覧。
  23. ^ News article”. www.zdnet.co.kr. 2018年6月26日閲覧。
  24. ^ PUBG Corp Established To Handle All Things PlayerUnknown's Battlegrounds”. USgamer.net. 2018年5月30日閲覧。
  25. ^ igon@bizwatch.co.kr, 임일곤 기자. “'고삐 죄는' 블루홀…계열사 마우이 1년만에 청산”. 2018年5月30日閲覧。

外部リンク[編集]