and yet, it moves 〜正しい地球の廻し方〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
and yet, it moves 〜正しい地球の廻し方〜
BIGMAMAスタジオ・アルバム
リリース
録音 2009年
ジャンル ロック
メロディック・ハードコア
プログレッシブ・ロック
時間
レーベル RX-RECORDS
チャート最高順位
  • 週間22位オリコン
  • 登場回数5回(オリコン)
BIGMAMA アルバム 年表
Dowsing For The Future
2008年
and yet, it moves 〜正しい地球の廻し方〜
(2009年)
Roclassick
2010年
『Dowsing For The Future』収録のシングル
  1. ダイヤモンドリング
    リリース: 2009年7月22日
テンプレートを表示

and yet, it moves 〜正しい地球の廻し方〜』(アンド イェット イット ムーブス ただしいちきゅうのまわしかた)は、BIGMAMAの3枚目のオリジナルアルバム2009年11月4日RX-RECORDSよりリリースされた[1]

概要[編集]

前作『Dowsing For The Future』から11ヶ月ぶりのリリース。本作は、全12曲を通して、1つのストーリーで繋がる小説的なアルバムになっている[1][2]。 「and yet,it moves〜正しい地球の廻し方〜」 発売記念 インストアライブを行った(20091202タワーレコード渋谷店).このインストアライブは,唯一アルバムの物語順に行われた. (物語順、1-6-7-4-3-8-5-10-2-9-11-12)。
また本作は2013年8月28日に、1stアルバム『Love and Leave』と2ndアルバム『Dowsing For The Future』と並び、ベストプライス盤と称してジャケットを簡易化させ、シングルCDと同価格の税抜1000円で再リリースされている [3]

収録曲[編集]

全作曲・編曲: BIGMAMA。
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「Overtune」金井政人BIGMAMA
2.「かくれんぼ」金井政人BIGMAMA
3.「I Don't Need a Time Machine」金井政人・ムマシーンBIGMAMA
4.「as one (2009/7/22)」金井政人BIGMAMA
5.「No Way Out」金井政人・リアド偉武BIGMAMA
6.「Lovescape」金井政人BIGMAMA
7.「Where's The Ring?」金井政人・リアド偉武BIGMAMA
8.「Accelerate」金井政人BIGMAMA
9.「Broken Apart」金井政人BIGMAMA
10.「The Right」金井政人BIGMAMA
11.ダイヤモンドリング (2035/09/02)金井政人BIGMAMA
12.「Roll It Over」金井政人BIGMAMA
合計時間:

関連項目[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b BIGMAMA3rdは、全12曲でストーリーを紡ぐコンセプトアルバム『正しい地球の廻し方』”. rockin'on.com. 株式会社ロッキング・オン (2009年9月8日). 2018年5月9日閲覧。
  2. ^ BIGMAMAがアルバム全曲をとおしてストーリーを表現”. ナタリー. ナターシャ (2009年9月8日). 2018年5月9日閲覧。
  3. ^ BIGMAMA新シングル、過去作廉価盤、赤坂公演3DAYS発表”. ナタリー. ナターシャ (2013年6月17日). 2018年5月9日閲覧。

外部リンク[編集]