2-ペンタノール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
2-ペンタノール[1]
識別情報
CAS登録番号 6032-29-7 チェック
PubChem 22386
ChemSpider 21011 チェック
UNII 04G7050365 チェック
ChEBI CHEBI:77518 ×
ChEMBL CHEMBL45065 チェック
特性
化学式 C5H12O
モル質量 88.148 g/mol
外観 colorless liquid
密度 0.812 g/cm3
融点

-73 °C, 200 K, -99 °F

沸点

119.3 °C, 392 K, 247 °F

への溶解度 45 g/L
溶解度 soluble in エタノール, ジエチルエーテル, 四塩化炭素, クロロホルム
蒸気圧 0.804 kPa
粘度 3.470 mPa·s
熱化学
標準生成熱 ΔfHo -365.2 kJ·mol−1 (liquid)
-311.0 kJ·mol−1 (gas)
標準定圧モル比熱, Cpo 2.716 J·g−1·K−1 (liquid)
危険性
引火点 34 °C (93 °F; 307 K)
爆発限界 1.2–9%
関連する物質
関連物質 ペンチルアルコール
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

2-ペンタノール(2-pentanol)はペンチルアルコールの一つ。消防法に定める第4類危険物 第2石油類に該当する[2]

スズメバチの警戒フェロモンの主成分でもある[3]

合成[編集]

ペンテン加水分解して合成する[4]


出典[編集]

  1. ^ Lide, David R. (1998), Handbook of Chemistry and Physics (87 ed.), Boca Raton, FL: CRC Press, pp. 3-454, 5-42, 6-188, 8-102, 15-23, ISBN 0-8493-0594-2 
  2. ^ 法規情報 (東京化成工業株式会社)
  3. ^ Ono, M; Terabe, H; Hori, H; Sasaki, M (7 August 2003), “Insect signalling: Components of giant hornet alarm pheromone”, Nature 424 (6949): 637-8, http://www.nature.com/nature/journal/v424/n6949/full/424637a.html .
  4. ^ McKetta, John J.; Cunningham, William Aaron (1977), Encyclopedia of Chemical Processing and Design, 3, Boca Raton, FL: CRC Press, pp. 280–281, ISBN 978-0-8247-2480-1, http://books.google.com/books?id=iwSU5G5VzO0C&pg=PA279 2010年1月17日閲覧。