1967年日本グランプリ (4輪)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1967年の日本グランプリ
前年: 1966 翌年: 1968

1967年日本グランプリは、1967年5月3日富士スピードウェイにて決勝レースが行われた。参加車両はグループ6スポーツカー(プロトタイプレーシングカー)が中心。正式名称は「第4回日本グランプリ自動車レース大会」。

概要[編集]

4回目となる日本GPは前回に続き富士スピードウェイで開催された。自動車メーカー系チームの中では、プリンス自動車日産自動車の合併により再編された日産ワークスが注目された。マシンは前年優勝したプリンス・R380を改良した日産・R380II。ドライバーは旧プリンス系の砂子義一(前年の優勝者)、大石秀夫と、日産追浜ワークス系の北野元高橋国光という合同編成になった。トヨタ自動車は今回は出場を見送り、極秘にトヨタ・7開発計画を進めた。ダイハツ工業は小排気量クラスのミッドシップマシン、ダイハツ・P-5を開発して参戦した。

プライベーターではポルシェ・906のエントリーが3台に増加し、前年活躍した滝進太郎に加えて、生沢徹と酒井正も906で参戦した。安田銀治とロドニー・クラーク[1]は北米Can-Amシリーズ用のローラ・T70Mk.IIをグループ6仕様に改修。また、シェルビー・デイトナのデザイナーとして知られるピート・ブロック日野・コンテッサのエンジンを搭載したヒノ・サムライで参戦。斬新なボディデザインに加え、「サムライ」にちなんで俳優三船敏郎がチーム監督を務めることも話題となった。

展開[編集]

予選[編集]

今回から予選通過基準タイムが設定されることになり、ダイハツ・P-5は2台とも予選落ちした。また、ヒノ・サムライは練習走行中のトラブルからオイルパンを交換したが、その箇所が最低地上高100mmという車輌規定に違反し車検不合格となった。三船監督は特例として決勝出場を認めてもらおうと直訴したが、オフィシャルの判断は覆らなかった。結果、決勝レースに進んだのは日産4台・ポルシェ3台・ローラ2台の計9台という、国内最高峰イベントとしては少ない台数となった。

ポールポジションは生沢徹(ポルシェ)が富士スピードウェイの公式記録として初めて2分を切り獲得した。2位に酒井正、4位に滝進太郎とプライベーターポルシェ勢が付け、事前練習で2分を切っていた日産勢は余力を窺わせつつ予選を終えた。

決勝[編集]

スタートでは予選3列目の安田銀治がシボレー製5,500ccエンジンの馬力に物をいわせてホールショットを奪ったが、すぐさま生沢、酒井、高橋国光に抜かれて後退した。安田は1周目の最終コーナーでスピンし、後続の北野元と砂子義一のR380IIもそのあおりで大きく出遅れた。日産勢は大石秀夫もS字コーナーでスピンしており、高橋以外は優勝争いから脱落するという誤算に見舞われた。高橋は2周目に酒井を抜くとトップの生沢に肉薄し、時折威嚇するようにパッシングライトを点滅しながら、テール・トゥ・ノーズの状態で機を窺った。

18周目、トップの生沢はS字コーナー侵入でシフトダウン操作を誤り[2]、後輪がロックしてハーフスピンした。接触を避けようとした高橋もろともエスケープゾーンに飛び出し、両者ともエンジンが停止した。生沢はエンジンを再始動してコースに復帰し、ダメージチェックのためピットイン。この際、チームクルーが機転を利かせ、同時に燃料再給油作業も済ませた。一方の高橋はエンジンの再始動に手間取り、ピットインの間に周回遅れとなって勝機を逃した。

2位でレースに復帰した生沢は無給油作戦でトップを走る酒井との差を縮め、レース中盤からポルシェ2台による抜きつ抜かれつのバトルが展開された。46周目、30度バンクで酒井のポルシェは挙動を乱し、ガードレールを飛び越えて高速クラッシュ。マシンは裏返しになって大破したものの、酒井は奇跡的に軽症で救出された。

レース終盤、生沢はガス欠の不安から慎重に周回を重ね、ポール・トゥ・ウィンで60周のレースを制した。不運なアクシデントで後退した高橋は同ラップの2位まで挽回。以下砂子、北野と日産勢がチェッカーを受けた。

勝敗は外国車が国産車を破る形となったが、生沢のポルシェは国産のブリヂストンタイヤ、日産勢は米国製ファイアストンタイヤを履いていた。この勝利は国産レーシングタイヤがメジャーレースで記録した初の1勝となった。

リザルト[編集]

予選[編集]

順位 No. クラス ドライバー 車名 エントラント タイム
1 8 GP-II 生沢徹 ポルシェ・カレラ6 三和自動車(株) 1'59.43
2 7 GP-II 酒井正 ポルシェ・カレラ6 日本オートクラブ小島常男 2'02.30
3 10 GP-II 高橋国光 ニッサン・R380A2 高橋国光 2'02.66
4 6 GP-II 滝進太郎 ポルシェ・カレラ6 FISCOクラブ大槻昌 2'03.13
5 9 GP-II 北野元 ニッサン・R380A2 北野元 2'03.83
6 12 GP-II 砂子義一 ニッサン・R380A2 砂子義一 2'04.04
7 11 GP-II 大石秀夫 ニッサン・R380A2 大石秀夫 2'04.99
8 15 GP-III 安田銀治 大京チェンスペシャル 日本オートクラブ小島常男 2'12.41
9 14 GP-III ロドニー・クラーク[1] ローラ・T70 TEAM TORO 2'17.79
10 1 GP-I 吉田隆郎 ダイハツ・P-5 ダイハツ・コンパーノ・クラブ寺尾慶弘 2'20.6
11 2 GP-I 久木留博之 ダイハツ・P-5 ダイハツ・コンパーノ・クラブ寺尾慶弘 2'21.0
12 5 GP-II 山口良夫 フェアレディ2000 山口良夫
  • クラス区分はGP-I(700cc~1300cc)、GP-II(1300cc~2000cc)、GP-III(2000cc~)。
  • エントリー16台中予選出走12台(No.16,No.17,No.18はエントリーのみ、No.3は車検不通過)。
  • 公式タイムは予選通過者のみ発表。

決勝[編集]

順位 No. クラス ドライバー 車名 エントラント タイム/リタイア グリッド
1 8 GP-II 生沢徹 ポルシェ・カレラ6 三和自動車(株) 60 2:04'39.22 1
2 10 GP-II 高橋国光 ニッサン・R380A2 高橋国光 60 2:06'25.23 3
3 12 GP-II 砂子義一 ニッサン・R380A2 砂子義一 59 2:04'43.95 6
4 9 GP-II 北野元 ニッサン・R380A2 北野元 59 2:05'35.32 5
5 6 GP-II 滝進太郎 ポルシェ・カレラ6 FISCOクラブ大槻昌 58 2:05'15.40 4
6 11 GP-II 大石秀夫 ニッサン・R380A2 大石秀夫 58 2:06'47.16 7
7 14 GP-III ロドニー・クラーク[1] ローラ・T70 TEAM TORO 57 2:06'15.65 9
8 7 GP-II 酒井正 ポルシェ・カレラ6 日本オートクラブ小島常男 45 アクシデント 2
Ret 15 GP-III 安田銀治 大京チェンスペシャル 日本オートクラブ小島常男 15 ガスケット 8
NS 1 GP-I 吉田隆郎 ダイハツ・P-5 ダイハツ・コンパーノ・クラブ寺尾慶弘 予選落ち
NS 2 GP-I 久木留博之 ダイハツ・P-5 ダイハツ・コンパーノ・クラブ寺尾慶弘 予選落ち
NS 5 GP-II 山口良夫 フェアレディ2000 山口良夫 予選落ち
NS 3 GP-I ピート・ブロック HINO SAMURAI PETE BROCK 車検不合格
  • スターティンググリッドは3-4-3左上位方式。
  • ファステストラップ 2分00秒80 生沢徹(ポルシェ)

エピソード[編集]

優勝者の生沢徹は前年までプリンスワークスの所属ドライバーだった。今回はイギリスF3選手権挑戦から一時帰国して日産ワークスと契約しようとしたが、合併によりドライバーが余っている状態だったため、「契約はするが日本GPには出場させられない」と返答された。そこで三和自動車のショールームに展示されていたポルシェ・906を借り受け、式場壮吉らレース仲間の協力でペプシコーラSTPVANブリヂストンなどのスポンサーを募り、プライベーターとして参戦することになった。「組織に背を向けた一匹狼の逆襲」は反響を呼び、優勝後の生沢はマスコミをにぎわす時の人となった。本人は「『レースに優勝した』ということより『オレを断ったニッサンに勝った』ということが嬉しかったね[3]」と振り返っている。

生沢自身はスポンサーとの契約金で海外活動の目途がついたことに安心しており、また、ワークスの実力を知る立場として、どうしても勝たなければならないとは考えていなかったという[4]。高橋国光に抜かれても2位で上々だったというが、致命的なシフトミス[2]で喫したスピンが逆に勝利を呼び込む結果となった。その日の夕方、生沢は日産チームの宿を訪れ、高橋国光にスピンに巻き込んだことを謝り、高橋も快くこれを許してくれたという[4]

データ[編集]

  • 大会名 第4回日本グランプリ自動車レース大会
  • 主催 日本自動車連盟
  • 決勝観客数 8万5千人
  • 日程
    • 5月2日 公式予選
    • 5月3日
      • 8時30分 ツーリングカーレース(15周)
      • 10時 GTカーレース(20周)
      • 13時 日本グランプリ(60周)
      • 16時 フォーミュラカーレース(25周)
  • サポートレース勝者

脚注[編集]

  1. ^ a b c のちにF1チームシャドウ代表となるドン・ニコルズの仮名。
  2. ^ a b ギアを5速から飛ばして3速に落とそうとして、誤って1速に入れてしまった。
  3. ^ 『日本の名レース100選 Volume009 '67 第4回日本GP』、p29
  4. ^ a b 『日本の名レース100選 Volume009 '67 第4回日本GP』、30p

参考文献[編集]

  • 林信次 『富士スピードウェイ 最初の40年』 三樹書房、2005年 ISBN 9784895224567
  • 『日本の名レース100選 Volume009 '67 第4回日本GP』 イデア<SAN-EI MOOK AUTO SPORT Archives>、2006年 ISBN 9784779600159

関連項目[編集]