14丁目-8番街駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
14丁目駅 (IND8番街線)から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
14丁目-8番街駅
14th Street – Eighth Avenue
NYCS A NYCS C NYCS E NYCS L
ニューヨーク市地下鉄乗換駅
111 8th Av IND jeh.jpg
通りに面したエントランス
駅情報
住所 Eighth Avenue & West 14th Street
New York, NY 10011
マンハッタン
地区 ウェスト・ビレッジ英語版チェルシー
座標 北緯40度44分23秒 西経74度00分09秒 / 北緯40.739779度 西経74.002533度 / 40.739779; -74.002533座標: 北緯40度44分23秒 西経74度00分09秒 / 北緯40.739779度 西経74.002533度 / 40.739779; -74.002533
ディビジョン BディビジョンBMT/IND
路線 IND8番街線
BMTカナーシー線
運行系統       A Stops all times (終日)
      C Stops all times except late nights (深夜帯以外)
      E Stops all times (終日)
      L Stops all times (終日)
接続 バスによる輸送 ニューヨーク市バス: M12, M14A, M14D, M20
構造 地下駅
駅階数 2
その他の情報
開業日 1932年9月10日(86年前) (1932-09-10[1]
バリアフリー設備 バリアフリー・アクセス
利用状況
乗客数 (2014)複合駅全体で14,340,856[2]増加 3.1%
順位 19位(421駅中)

14丁目-8番街駅(14th Street - Eighth Avenue)はニューヨーク市地下鉄の複合駅で、IND8番街線BMTカナーシー線が駅舎を共有している。マンハッタン8番街-14丁目交差点付近の地下にあり、以下の運行系統が乗り入れている。

エントランスは8番街と14丁目、15丁目、16丁目の各交差点の角にある。21世紀初めに改修工事が行われ、複合駅全体としてADA対応になった。14丁目側に車椅子対応エントランスがある。

14丁目-8番街駅に展示された芸術作品が2点ある。1点目は1989年に展示されたロス・ルイス(Ross Lewis)作の Parallel Motion で、これは中国書道の運筆でメザニンを歩く人物を描いたものであった。1995年にはメザニンから撤去され、現在はバッテリー・パーク・シティ.にあるパブリック・スクール89のロビーに展示されている。2点目はトム・オッターネス(Tom Otterness)作の Life Underground  で、2001年から展示されている。これは下水道のワニ英語版を含む滑稽なブロンズ製の彫像で、駅のあちこちに点在している。

メザニンにはMTA/ニューヨークシティ・トランジット・オーソリティの訓練施設も設けられている。


IND8番街線[編集]

14丁目駅
14th Street
NYCS A NYCS C NYCS E
ニューヨーク市地下鉄
14th Street (Eighth Avenue Line).jpg
駅情報
ディビジョン BディビジョンIND
路線 IND8番街線
運行系統       A Stops all times (終日)
      C Stops all times except late nights (深夜帯以外)
      E Stops all times (終日)
ホーム数 島式ホーム 2面
対面乗り換え
線路数 4線
その他の情報
開業日 1932年9月10日(86年前) (1932-09-10 [1]
バリアフリー設備 バリアフリー・アクセス
次の停車駅
北側の隣駅 23丁目駅 (各駅停車): A Stops late nights only C Stops all times except late nights E Stops all times
34丁目-ペン・ステーション駅 (急行): A Stops all times except late nights
南側の隣駅 西4丁目-ワシントン・スクエア駅: A Stops all times C Stops all times except late nights E Stops all times


北側の隣駅 バリアフリー・アクセス 34丁目-ペン・ステーション駅: A Stops all times C Stops all times except late nights E Stops all times
南側の隣駅 バリアフリー・アクセス 西4丁目-ワシントン・スクエア駅: A Stops all times C Stops all times except late nights E Stops all times

IND8番街線14丁目駅は島式ホーム2面4線を有する急行停車駅である。1932年9月10日に8番街の真下を通るIND8番街線の南端駅として開業した[1]。駅の南で線路は東に曲がってグリニッチ・アベニューを経由し6番街に向かっている。


BMTカナーシー線[編集]

8番街駅
Eighth Avenue
NYCS L
ニューヨーク市地下鉄
Eighth Avenue Canarsie vc.jpg
駅情報
ディビジョン BディビジョンBMT
路線 BMTカナーシー線
運行系統       L Stops all times (終日)
ホーム数 島式ホーム 1面
線路数 2線
その他の情報
開業日 1931年5月30日(87年前) (1931-05-30
バリアフリー設備 バリアフリー・アクセス
次の停車駅
北側の隣駅 (終点): L Stops all times
南側の隣駅 6番街駅: L Stops all times


北側の隣駅 バリアフリー・アクセス (終点): L Stops all times
南側の隣駅 バリアフリー・アクセス ユニオン・スクエア駅: L Stops all times

BMTカナーシー線8番街駅は島式ホーム1面2線の駅である。BMTカナーシー線の西端(路線案内上は南端)駅で、終日L系統が発着する。

8番街駅はカナーシー線で最後となる1931年5月30日に開業し、7年前に開業した6番街駅に代わる西端駅となった[3]



駅構造[編集]

G 地上階 エントランス/出口
B1 上層メザニン 改札、駅員詰所
バリアフリー・アクセス (14丁目-8番街交差点北西角にエレベーターあり)
B2 北行緩行線 NYCS C 168丁目駅方面
NYCS A 207丁目駅方面:深夜
NYCS E ジャマイカ・センター-パーソンズ/アーチャー駅方面 23丁目駅
島式ホーム、到着番線に対応したドアが開く バリアフリー・アクセス
北行急行線 NYCS A 207丁目駅方面 34丁目-ペン・ステーション駅
南行急行線 NYCS A レファーツ・ブールバード駅英語版/ファー・ロッカウェイ駅方面:深夜帯以外 →
→ →  ロッカウェイ・パーク駅方面:夕ラッシュ時 西4丁目-ワシントン・スクエア駅
島式ホーム、到着番線に対応したドアが開く バリアフリー・アクセス
南行緩行線 NYCS C ユークリッド・アベニュー駅英語版方面 →
NYCS A ファー・ロッカウェイ駅方面:深夜帯 →
NYCS E ワールド・トレード・センター駅方面 (西4丁目-ワシントン・スクエア駅)
B3 下層メザニン 上層メザニン-NYCS Lホーム間スロープ
B4 2番線 NYCS L カナーシー-ロッカウェイ・パークウェイ駅方面 6番街駅
島式ホーム、到着番線に対応したドアが開く バリアフリー・アクセス
1番線 NYCS L カナーシー-ロッカウェイ・パークウェイ駅方面 (6番街駅)


周辺施設[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c “List of the 28 Stations On the New 8th Av. Line”. New York Times. (1932年9月10日). http://timesmachine.nytimes.com/timesmachine/1932/09/10/issue.html 2015年12月24日閲覧。 
  2. ^ Facts and Figures: Annual Subway Ridership”. Metropolitan Transportation Authority. 2015年4月28日閲覧。
  3. ^ Mayor drives train in new subway link New York Times Retrieved 2008-09-02

外部リンク[編集]