モントローズ・アベニュー駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
モントローズ・アベニュー駅
Montrose Avenue
NYCS-bull-trans-L.svg
ニューヨーク市地下鉄
Montrose Avenue (BMT Canarsie Line) street stairway jeh.jpg
駅情報
住所 Montrose Avenue & Bushwick Avenue
Brooklyn, NY 11206
ブルックリン区
地区 イーストウィリアムズバーグ英語版
座標 北緯40度42分27秒 西経73度56分24秒 / 北緯40.707612度 西経73.939877度 / 40.707612; -73.939877座標: 北緯40度42分27秒 西経73度56分24秒 / 北緯40.707612度 西経73.939877度 / 40.707612; -73.939877
ディビジョン BディビジョンBMT
路線 BMTカナーシー線
運行系統       L Stops all times (終日)
接続 バスによる輸送 ニューヨーク市バス: B60
構造 地下駅
ホーム数 相対式ホーム 2面
線路数 2線
その他の情報
開業日 1924年9月21日(94年前) (1924-09-21
利用状況
乗客数 (2015)2,334,271[1]増減なし 0%
順位 212位(422駅中)
次の停車駅
北側の隣駅 グランド・ストリート駅: L Stops all times
南側の隣駅 モルガン・アベニュー駅: L Stops all times

モントローズ・アベニュー駅(Montrose Avenue)はブルックリン区イーストウィリアムズバーグ英語版のモントローズ・アベニュー - ブッシュウィック・アベニュー交差点にあるニューヨーク市地下鉄BMTカナーシー線の駅で、終日L系統が停車する。

駅構造[編集]

G 地上階 出入口
M 改札階 改札、駅員詰所、メトロカード自動券売機
P
ホーム階
相対式ホーム、右側ドアが開く
北行線 NYCS-bull-trans-L.svg 8番街駅行きグランド・ストリート駅
南行線 NYCS-bull-trans-L.svg カナーシー-ロッカウェイ・パークウェイ駅行きモルガン・アベニュー駅
相対式ホーム、右側ドアが開く
ホーム

モントローズ・アベニュー駅はデュアル・コントラクト英語版によりマンハッタンの6番街駅から東へ向かって建設されたBMTカナーシー線の初期開業区間の東端駅として1924年9月21日に開業した。当時はカナーシー線モントローズ・アベニュー駅 -ブロードウェイ・ジャンクション駅間は地下線ではなく高架線として計画されていた。

モントローズ・アベニュー駅は相対式ホーム2面2線の地下駅である。ホーム壁面にはタイルモザイクの帯と駅名標が設けられている。絶妙にカットされた鮮やかなスカイブルー、セルリアンブルー、ローズ、黄色、メイズおよび白の磁器タイルが黒、ラズベリー、グレイッシュラベンダーの背景にはめ込まれている。この帯には六角形に "M" と書いた銘板が等間隔で配されており、青の細帯が上端・下端にあしらわれている。ホームには青く塗られた I 形鋼の柱が等間隔で並び、1本おきにニューヨーク市地下鉄で標準的な黒地に白でレタリングした駅名標が取り付けられている。

メザニンは線路中央の上に設けられている。各ホームから階段を上がると待合所兼ホーム間連絡通路があり、自動改札機が設けられている。改札の外にはトークン・ブースと2本の階段があり、モントローズ・アベニュー - ブッシュウィック・アベニュー交差点の北西角および南西角に出ることができる。

マンハッタン-方面ホームには放棄された坂路があり、地上に繋がっている。これは1920年代にAB標準車英語版の搬入出に用いられたもので、列車前面から見ることができる。カナーシー方面ホームの下には線路に下りる小さな階段があり、ホームが延長されたことの痕跡を留めている[2]

脚注[編集]

  1. ^ Facts and Figures: Annual Subway Ridership”. Metropolitan Transportation Authority. 2016年4月19日閲覧。
  2. ^ BMT Canarsie Line Car Delivery

外部リンク[編集]