齊藤金作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

齊藤 金作(さいとう きんさく、1903年2月6日 - 1969年11月25日)は、日本刑法学者従四位勲三等旭日中綬章埼玉県出身。

人物[編集]

1928年早稲田大学法学部独法科を卒業助手助教授を経て、1942年同大教授に就任。1951年第二法学部長、1956年第一法学部長。1954年法学博士(早稲田大学)(学位論文「共犯理論の研究」)。

共犯論の大家。大審院判事草野豹一郎が提唱した共同意思主体説を理論化して、共謀共同正犯を肯定したが、当時は学界の激しい非難を浴びた。共同意思主体説は弟子の西原春夫に受け継がれている。孫弟子の曽根威彦共同意思主体説を採るが、共謀共同正犯は否定している。

草野豹一郎門下。弟子の内田一郎は女婿。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『刑法各論講義』第1分冊、巌松堂書店、1940年10月。
  • 『刑法各論講義』第2分冊 上、巌松堂書店、1940年11月。
    • 『刑法各論講義』巌松堂書店、1943年3月。
  • 『刑法総則大意』東山堂書房、1942年1月。
  • 『刑事訴訟法講義要領』巌松堂書店、1946年10月。
  • 『刑法総論講義要領』巌松堂書店、1946年11月。
  • 『刑法各論』巌松堂書店、1948年7月。
  • 『刑法総論』巌松堂書店、1948年11月。
    • 『刑法総論』巌松堂書店、1950年2月、訂正版。
    • 刑法総論』有斐閣、1955年10月、改訂版。
  • 『新刑事訴訟法大意』上巻、朝倉書店、1948年12月。
  • 『新刑事訴訟法大意』下巻、朝倉書店、1949年10月。
  • 『刑法学』世界書院〈法律学選書 1〉、1949年2月。
  • 刑事訴訟法学』有斐閣、1951年10月。
  • 共犯理論の研究』有斐閣、1954年3月。
  • 共犯判例と共犯立法』有斐閣、1959年10月。
  • 『刑法入門』有信堂〈文化新書 321〉、1961年5月。
  • 刑事訴訟法』第1分冊、有斐閣、1961年1月。
  • 刑事訴訟法』第2分冊、有斐閣、1960年4月。
  • 『刑事法の基礎』有信堂〈文化新書 341〉、1963年2月。
  • 『松陵随筆』成文堂、1964年9月。
  • 『刑法講義』成文堂、1967年4月。

編著[編集]

翻訳[編集]

  • ギュンテル・ブラウ『刑罰と保安処分』斎藤金作訳、法務大臣官房司法法制調査部調査統計課〈法務資料 第378号〉、1962年2月。

共著[編集]

論文集[編集]

門下生[編集]

関連項目[編集]