植田重正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

植田 重正(うえだ しげまさ、1905年 - 1987年)は、京都府出身の法学者。専門は刑法京都帝国大学法学部卒業後、関西大学法学部教授。

人物[編集]

主著『共犯論上の諸問題』と『共犯の基本問題』で、今でいう純粋惹起説間接正犯を認めず、「正犯なき共犯」を肯定する)を主張した。植田の共犯論は、佐伯千仭のそれとともに、関西の学者を中心に大きな影響を及ぼした。

弟子に中義勝振津隆行金沢大学教授)がいる(中の弟子が山中敬一)。今でも佐伯・中の共犯論を支持するのは、中山研一京都大学名誉教授)と浅田和茂大阪市立大学教授)ら。

「正犯なき共犯」を肯定する点は、共犯従属性説の放棄であるとして、関東共犯論の西田典之東京大学)、山口厚(東京大学)、井田良慶應義塾大学)らから、激しく非難されている。