鹿児島県立開陽高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鹿児島県立開陽高等学校
鹿児島県立開陽高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 鹿児島県の旗鹿児島県
校訓 夢・実現
設立年月日 2000年4月
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
定時制課程
通信制課程
二部以上の授業 定時制は昼夜開講
単位制・学年制 単位制
設置学科 普通科(全・定・通)
福祉科(全日制)
オフィス情報科(定時制)
衛生看護科(通信制)
学期 2学期制
高校コード 46187D
所在地 891-0117
鹿児島県鹿児島市西谷山一丁目2番1号

北緯31度31分29.2秒 東経130度30分30.7秒 / 北緯31.524778度 東経130.508528度 / 31.524778; 130.508528座標: 北緯31度31分29.2秒 東経130度30分30.7秒 / 北緯31.524778度 東経130.508528度 / 31.524778; 130.508528
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

鹿児島県立開陽高等学校(かごしまけんりつ かいようこうとうがっこう 英語: Kaiyo High School)は、鹿児島県鹿児島市西谷山一丁目にある県立単位制高等学校

鹿児島県の公立高等学校で唯一の通信制があり、定時制も県本土部では唯一である。全日制普通科もあるが単位制のため全県学区である。全日制、定時制とも1コマ90分の授業を行なっている。

設置学科[編集]

来歴[編集]

  • 2000年4月、鹿児島県初の定時制・通信制を持つ単位制高校として、鹿児島市下伊敷に開校。
  • 2003年より全日制課程を新設して三課程になり、同時に校舎を上福元町へ移転。

特色[編集]

  • 「自己責任・自己管理」のモットーのもとに、細かな校則は定められておらず、髪型・服装などは基本的に自由である(ただし、ピンヒールは床を傷めるため禁止されている)。アルバイトも学業に支障のない範囲で許可される。
  • 1回の授業は90分となっており、一般的な高校のおよそ2倍の時間である。1日の授業は3限から4限となっている。
  • 学年という概念はなく、入学年次、中間年次、卒業年次の3つに分けられる。新入生と卒業見込みの生徒以外はすべて中間年次となるが、まれに中間年次から卒業者が出ることもある。

募集要項[編集]

  • 全日制・定時制:4つに分かれる。
    • 1期:推薦〔一般[学校]・自己〕入学選抜(学校推薦/作文・面接)(自己推薦/自己アピール・面接対話)
    • 2期:公立高校選抜試験(いわゆる一般受験)(5教科受験・面接)
    • 3期:転編入者等選抜試験(国・数・英、面接)
    • 4期:後期入学選抜試験(作文、面接)
  • 通信制:前期・後期に分かれ、転入学は作文と面接、新入学・編入学は書類選考を行う。
  • 全日制・定時制の1期、2期は他の公立高校と同じ、1~3期は4月入学、4期は10月入学。

募集定員[編集]

  • 全日制
    • 普通科 160人
    • 福祉科 40人
  • 定時制
    • 普通科 80人
    • オフィス情報科 40人
  • 通信制 定員なし

著名な出身者[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]