鷲巣力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

鷲巣 力(わしず つとむ 1944年[1] - )は、東京都生まれのジャーナリスト評論家。立命館大学衣笠総合研究機構加藤周一現代思想研究センター顧問[2]

略歴[編集]

1969年[要出典]東京大学法学部卒業[1]平凡社入社[1]。『加藤周一著作集』や『林達夫著作集』などの編集を手がけた後[1]、月刊『太陽』編集長を経て[3]、[[1985年|1985年[要出典]]]、平凡社取締役となる[1]。[[1992年|1992年[要出典]]]、平凡社を退社、フリージャーナリストとなる[1]

2005年6月11日、『世界一受けたい授業』で自動販売機コンビニエンスストアをテーマに講義し、テレビ出演を果たす[要出典]

著書[編集]

  • 『コロンブスの卵たち 「常識」に挑戦するイトーヨーカ堂グループ』(毎日新聞社、1997年)
  • 『自動販売機の文化史』(集英社新書、2003年)
  • 『宅配便130年戦争』(新潮新書、2005年)
  • 『公共空間としてのコンビニ 進化するシステム24時間365日』(朝日選書、2008年)
  • 『加藤周一を読む 「理」の人にして「情」の人』(岩波書店、2011年)
  • 『「加藤周一」という生き方』(筑摩選書、2012年)
  • 『加藤周一はいかにして「加藤周一」となったか 『羊の歌』を読みなおす』(岩波書店、2018年)
  • 『書く力 加藤周一の名文に学ぶ』(集英社新書、2022年)

共編著[編集]

  • 『加藤周一著作集』平凡社第1期、1979-80、第2期1996-97(全24巻)。最終巻「18 近代日本の文学者の型」、2010
  • 室谷秀『女将一代記 中将夫人かく戦えり』聞き書 平凡社、1987
  • 『Magazines today 日本の雑誌8誌による特集エコロジー』大日本印刷ICC本部、1997。柚木久子・金子正剛共編
  • 『加藤周一セレクション』(全5巻) 平凡社ライブラリー、1999-2000 
  • 『加藤周一が書いた加藤周一 91の「あとがき」と11の「まえがき」』平凡社、2009
  • 『加藤周一自選集』(全10巻) 岩波書店、2009-2010
  • 加藤周一『『羊の歌』余聞』ちくま文庫、2011 
  • 『加藤周一 青春と戦争 『青春ノート』を読む』渡辺考共編、論創社、2018
  • 『加藤周一 青春ノート 1937-1941』半田侑子共編、人文書院、2019
  • 『称えることば悼むことば 加藤周一推薦文・追悼文集』西田書店、2019
  • 『加藤周一を21世紀に引き継ぐために 加藤周一生誕百年記念国際シンポジウム講演録』三浦信孝共編、水声社、2020

連載[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f 鷲巣 力 先生(加藤周一文庫) | 教員お薦め本 | 学生支援 | 立命館大学図書館”. www.ritsumei.ac.jp. 2022年1月30日閲覧。
  2. ^ 立命館大学加藤周一現代思想研究センター”. 立命館大学加藤周一現代思想研究センター. 2020年12月14日閲覧。
  3. ^ 鷲巣力 | 著者プロフィール | 新潮社” (日本語). www.shinchosha.co.jp. 2022年1月30日閲覧。

外部リンク[編集]