鬼詰のオメコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

『鬼詰のオメコ』きつめのオメコ)は、トータル・メディア・エージェンシー(TMA)のアダルトビデオシリーズの一つ。COSCRAFTレーベルから発売。

概要[編集]

ロゴはカタカナのメとコを組み合わせて漢字の刃を表現している。

TMAの得意とするコスプレパロディ作品ととして発売[1]。2019年11月22日に第一弾となる『鬼詰のオメコ 渚みつき』を発売[2]月刊FANZAでは「誠実なこだわりを感じさせ、パロディAV史上に残る完成度の一作」「元ネタへのリスペクトが半端ない」とレビューされた[2]

アダルトビデオゆえにストーリー性は微々たるものであるが、バックボーン設定により兄妹もの、NTR作品の要素も含み、スローセックス展開など女性用AV的な内容も含んでいる[2]

2020年10月23日、シリーズ第2作目となる『鬼詰のオメコ 無限発射編』を発売[3]。2021年6月30日、シリーズ第3作目で初のVR作品となる『鬼詰のオメコ 勃起機能回復編 永野いち夏』を発売。

製作社サイドではネタ元を明かしていないが、サイゾーウーマンなどのニュースサイトでは『鬼滅の刃』(集英社)のパロディ作品と言及している[1]。また台湾のニュースサイト・娛樂星聞では『鬼滅之刃AV版』と紹介された[4]

フリーライターでAV男優歴もある松澤チョロは、本来毛嫌いしそうな原作ファンも(本作の作品リスペクト加減等から)ある程度理解を示している点、日本国内のファンだけでなく海外にも浸透しており、パロディ作品の中でも異質な位置にいることを指摘[5]。一方でその状況を「ヒヤヒヤする」とも記述している[5]

シリーズ[編集]

  • 鬼詰のオメコ 渚みつき(2019年11月22日、TMA)
  • 鬼詰のオメコ 無限発射編(2020年10月23日、TMA)
  • 【VR】鬼詰のオメコ 勃起機能回復編 永野いち夏(2021年06月30日、TMAVR)
  • 鬼詰のオメコ 総集編(2021年10月22日、TMA)
  • 【VR】鬼詰のオメコ-二人称主観・鬼詰隊兄妹外伝- 渚みつき(2021年10月29日、TMAVR)

登場人物[編集]

ナズ
演 ‐ 渚みつき
第3作を除く全作に出演[5]
豚治郎(トンジ)
演 ‐ 芦田賢弥
第1作、第2作に出演。
胡蝶しのび
演 ‐ 阿部乃みく
第2作に出演[5]
胡蝶かりえ
演 ‐ 紺野ひかる
第2作に出演[5]
安露路
演 ‐ 田中ねね
第2作に出演[5]
カナタ
演 ‐ 永野いち夏
第3作に出演。
真羅黒
演 ‐ ?
第2作に出演[5]
淫夢
演 ‐ ?
第2作に出演。
股之助
演 ‐ ニック
第2作に出演[5]
鬼殺隊(おにごろしたい)
演 ‐ 野島誠
第1作に出演。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 『鬼滅の刃』パロディAVが炎上、「1日9万円」の激安ギャラ!? “コスプレAV”業界の裏側を暴露!” (日本語). サイゾーウーマン (2020年6月6日). 2020年10月1日閲覧。
  2. ^ a b c 五反田抹茶、ジーオーティー「月刊FANZA」2020年4月号 46頁
  3. ^ 『鬼滅の刃』パロディのセクシービデオが話題 でも、そもそもそれってアリなの? 著作権は?” (日本語). インフォシークニュース (2020年10月22日). 2020年10月1日閲覧。
  4. ^ 娛樂星聞 (2020年10月27日). “AV版鬼滅之刃「無限發射」蹭百億票房 續集夯到全部斷貨 | 娛樂星聞” (中国語). star.setn.com. 2020年10月31日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h 松澤チョロ、ジーオーティー『月刊FANZA』2021年3月号 129頁

外部リンク[編集]