高砂家ちび助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高砂家 ちび助1905年 - 1983年2月2日)は寄席芸人東京都出身。本名は森田辰五郎。

最初落語家桂小文治の下で桂小助などを名乗り修行したが、1921年に茶番()狂言を演じる茶番師の高砂家吉右衛門の門下になり、140センチ程だったといわれている身長の低さから、後に高砂家ちび助と名乗る。

得意ネタは「唖の釣り」「たぬき」等があった。特に小柄な体を生かした、のろまな蝿取り、百面相寄席踊り等、人があまりやらない珍芸を売りにしていた。

戦前は端席、戦後は花王名人劇場などに出演し人気を博した。

山本益博を聴き手とした芸談が、南博永井啓夫小沢昭一編集『芸双書 1 いろどる-色物の世界』(1981年、白水社、NCID BN00509921)に収録されている。

関連項目[編集]