高橋重夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高橋 重夫(たかはし しげお、1950年 - )は、日本の音楽プロデューサー、楽器開発&コーディネーター、音楽ライター、イベント・プロデューサー。

人物[編集]

レコード会社のディレクターとして四人囃子のLP『一触即発』などを担当。音楽雑誌編集長を経て、音楽制作プロデューサー&音楽ライターとなり、「Player」、「音楽専科」などの音楽雑誌への執筆や、多数の洋楽レコードのライナーノーツを手がける。著書には「100%エレクトリック・ギター」(シンコー・ミュージック)、「もっと知りたい!!エレキギター専科」(ミュージックトレード社)などがあり、楽器メーカーで楽器開発やアーティストリレーション、音楽学校の運営、アーティスト育成なども手がている。

バンド活動[編集]

高校時代にアマチュア・バンド活動をしていて、その後、ギタリストとして音楽ライター仲間の大貫憲章(ヴォーカル)や、後にジューシィ・フルーツのメンバーとなる、トシ(高木利夫、ドラムス)、後に画家として活躍するイラストレーターの金谷真(ベース)、赤井信夫(ギター)らとリバプール・キッズというバンド名でライブ(1977年7月31日、東京・三ノ輪モンド)を行った。2000年以降は、主に元HOUND DOG西山毅らとGOGOエレキングスというバンド名で活動している。