高橋秀武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

高橋 秀武(たかはし ひでぶ、1970年4月30日[1] - )は、日本漫画家。 女性[2]東京都中野区出身[1]。血液型はO型[要出典]

ジャンルや作風は、ヤンキー漫画からヤクザもの、猟奇犯罪もの、社会風刺へとシフトしている。 別名義に「湯嶋恵一」(デビュー当時の新人賞受賞時)、「瑳川恵一」(初の本誌連載作品で使用)がある。

人生において最大の影響を受けたものは、イギリスのバンド「デペッシュ・モード」であるとコメントしている。松田優作の大ファン[要出典]

略歴[編集]

  • 1995年
  • 1997年
    • 集英社の「手塚賞」(第53回・1997年上期)佳作を「ザ・スーパー・カタルシス」(湯嶋恵一名義)にて受賞。
  • 1999年
    • 『週刊少年ジャンプ』にて『マッハヘッド』(瑳川恵一名義)を同年19号 - 32号に連載。
  • 2002年
    • ヤングキング』(少年画報社)にて「デボル」を同年15号・16号に2話掲載。
    • 『ヤングキング』にて18号より『7(セブン)-環状七号線のやさぐれ天使-』を連載開始(2003年20号で終了)。
  • 2003年
    • 『ヤングキング』にて「ワーム」を同年7号に掲載。
  • 2004年
    • 近代麻雀』(竹書房)にて『self』を同年5月15日号から6月15日号に短期集中連載(全3話)。
    • 『近代麻雀』にて「麻雀取調官 夏目奈津彦」を同年8月15日号および10月15日号に2話掲載。[3]
    • ヤングキング別冊キングダム』(少年画報社)にて前述の『ワーム』を同年6号および9号 - 12号に連載。
    • 週刊ヤングジャンプ』(集英社)にて「野獣は眠らず」を同年52号に掲載。
  • 2005年
    • 『週刊ヤングジャンプ』および『漫革』(集英社)にて前述の『野獣は眠らず』を不定期連載(2006年8月で第一部完。続編は未定)。
  • 2006年
    • 『週刊ヤングジャンプ』および『漫革』にて『妖怪人間ベム』の不定期連載を開始。
  • 2007年
  • 2008年
    • 『スーパージャンプ』同年2号より『トクボウ 朝倉草平』を連載開始(2010年10月で完結)。
  • 2012年
    • ジャンプ改』にて『鉄血のエクゾマ』を同年10月号に掲載。

作品リスト[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 作者公式サイト「葉隠荘の事件簿」プロフィール参照
  2. ^ ジャンプコミックスデラックス『トクボウ 朝倉草平』著者近影
  3. ^ 打ち切りの理由は『野獣は眠らず』の連載開始につき多忙となったためとコメント。「葉隠荘の事件簿」[1]を参照。
  4. ^ 『オースーパージャンプ』6月号掲載分のタイトルは「特防 朝倉草平」。「葉隠荘の事件簿」[2]を参照。

外部リンク[編集]