高橋朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高橋 朗(たかはし あきら、1935年3月25日 - 2006年8月14日)は日本の技術者実業家トヨタ自動車取締役副社長や、デンソー取締役会長日本科学技術連盟理事長などを歴任した。藍綬褒章受章。デミング賞本賞受賞。

人物・経歴[編集]

山形県出身。1957年山形大学工学部機械科卒業、トヨタ自動車工業(現トヨタ自動車)入社。1984年大橋正昭大西匡らとともに取締役に昇格。1988年常務取締役。1996年取締役副社長。1999年デンソー取締役副会長。2000年デンソー取締役会長。同年藍綬褒章受章。2004年デンソー相談役。TQMトヨタグループで実践したことが評価され、同年デミング賞本賞受賞[1][2][3]。2006年日本科学技術連盟理事長[4]。同年愛知県刈谷市の病院で死去。日本ものづくり・人づくり質革新機構理事長なども務めた[5]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
先代:
石丸典生
デンソー会長
第9代:2000年 - 2004年
次代:
岡部弘
先代:
大西利美
中部インダストリアル・エンジニアリング協会会長
第6代:1999年 - 2002年
次代:
池渕浩介
先代:
米山高範
日本科学技術連盟理事長
第12代:2006年
次代:
濱中順一