高橋孝信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高橋 孝信(たかはし たかのぶ、1951年 - )は、日本のインド文学者東京大学名誉教授。古代タミル語文学を専攻。

人物[編集]

水戸市生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程中退、1979年1982年インド・マドゥライ大学へ留学、1985年1988年オランダユトレヒト大学東洋言語文化研究所へ留学、1989年同文学博士号取得、91年四天王寺国際仏教大学助教授、96年東京大学人文社会系研究科助教授、99年教授[1]。2016年定年退任、名誉教授[2]

著書[編集]

  • Tamil love poetry and poetics : Leiden ; New York : E.J. Brill, 1995
  • 『タミル古典学習帳 『パットゥパーットゥ(十の長詩)』訳注研究』山喜房仏書林、2017

翻訳[編集]

論文[編集]

関連項目[編集]

[編集]

  1. ^ 東大文学部教員紹介
  2. ^ 名誉教授