高桑純夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高桑純夫(たかくわ すみお、1903年6月4日-1979年5月21日)は、日本の哲学者評論家

来歴[編集]

奈良県出身。上智大学文学部哲学科卒。1940年陸軍士官学校教授。中世スコラ哲学を研究するが戦後唯物論哲学に転じ主体性論争で活躍。東京女子医科大学教授、愛知大学教授。65年原水爆禁止国民会議事務局長。

著書[編集]

  • 『提要独逸小文典』南山堂書店 1936
  • 三木哲学 哲学の本質への反省』夏目書店 1946
  • 『中世精神史序説 アウグスチヌス研究』みすず書房 1947
  • 『ヒューマニズム研究』夏目書店 1947
  • 『個性について』北隆館 1948
  • 『唯物論と主体性』国土社 1948
  • 『主体性と実存』塙書房 1948
  • 『実存主義者サルトルをめぐつて』草美社 1948 
  • 『人間の自由について』1949 岩波新書
  • 『自由の構造』塙書房(はなわ叢書) 1949
  • 『二つの世界観』毎日新聞社(毎日選書) 1950
  • 『真実に生きる 若き人々のために』改造社 1950
  • 『真実に生きる 続』改造社 1950
  • 『近代の思想』毎日新聞社(毎日ライブラリー) 1950
  • 『ある魂の病歴 人生論ノート』志摩書房 1951
  • 『如何に生くべきか』河出書房(市民文庫) 1952
  • 『今日を生きる人間』東和社 1952
  • 『哲学入門 見るものから働くものへ』光文社(考える世代とともに) 1953
  • 『現代イデオロギー』1954 (要選書)
  • 『憲法改変の情勢に抗して とくに再軍備問題を中心に』憲法擁護国民連合(平和憲法シリーズ) 1954
  • 『考えることと為すこと 現代思潮の一隅から』社会思想研究会出版部(現代教養文庫) 1956
  • 『現代に生きる思想』理論社(私の大学・社会思想講座・20世紀の思想とモラル) 1956
  • 『古典人の言葉』実業之日本社(現代に生きる言葉双書) 1956
  • 『日本のヒューマニスト』英宝社 1957
  • 『生活のなかの自由』実業之日本社(現代を生きる考え方双書) 1957
  • 『人生論ノート』1959 (青春新書)
  • 『倫理学入門』青春出版社 1961
  • 『若い人への言葉 人間形成の思想』1962 (青春新書)
  • 『人間の条理 哲学に何をまなぶか』青春出版社 1966
  • 『近代哲学思想史要』世界書院 1978

[編集]

  • 『自我と実存』白揚社 1948
  • 『哲学と文学』塙書房 1948 
  • 『人権の思想』毎日新聞社(毎日ライブラリー) 1962

翻訳[編集]

参考[編集]

  • 日本人名大辞典