高松市道木太鬼無線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
高松市内の通り
高松市道木太鬼無線
高松市道M0046番
路線延長 7.54km
制定年 2001年3月12日
開通年 1978年
道路の方角 東西
起点 香川県高松市木太町字小原752番地1
終点 香川県高松市鬼無町藤井616番地1
接続する
主な道路
記法
香川県道43号中徳三谷高松線
香川県道280号高松香川線
Japanese National Route Sign 0011.svg国道11号
香川県道266号勅使室新線
香川県道172号川東高松線
香川県道176号檀紙鶴市線
香川県道175号衣掛郷東線
香川県道33号高松善通寺線
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
松縄町部分
松縄町部分
西ハゼ町部分
西ハゼ町部分
奥の池南交差点から未開通部分を見る
奥の池南交差点から未開通部分を見る
終点の藤井交差点
終点の藤井交差点
御殿橋-終点を勝賀山から望む
御殿橋-終点を勝賀山から望む

高松市道木太鬼無線(たかまつしどうきたきなしせん)は、香川県高松市木太町字小原から高松市鬼無町藤井へ至る市道である。路線番号はM0046。

石清尾山塊によって分断された高松市中部と西部を結び、また人口密集地である高松市中部郊外地域を貫通する重要性の高い幹線道路として現在整備中である。また、本路線の完成により朝夕の通勤ラッシュで特に著しい交通渋滞が発生している産業道路(県道176号檀紙鶴市線)や中心市街地の渋滞緩和に効果が期待されている[1]

概要[編集]

高松市の中部郊外地域を東西に貫通している。現在は整備中区間が存在するため3区間に分かれているが、全区間が繋がれば高松市の都市計画道路の一翼を成す主要幹線道路となる。未供用の区間は起点部分と県道43号中徳三谷高松線別線2(気象台南交差点)-県道280号高松香川線(二ツ橋交差点)、県道172号川東高松線(奥の池南交差点)-御殿橋の3区間である。

当線は区画整理に伴って整備された区間が多く、宮前公民館前交差点-気象台西交差点は太田第2土地区画整理事業、三条二ツ橋交差点-高松南消防署西交差点(前田病院前)は南部第1土地区画整理事業の施行区域内である。

路線データ[編集]

  • 本線(1google マップ、2google マップ、3google マップ
  • 総延長:7.54km
  • 幅員
    • 起点-ことでん琴平線跨線橋:22m
    • ことでん琴平線跨線橋前後:28m
    • ことでん琴平線跨線橋-奥の池南交差点:22m
    • 奥の池南交差点-御殿山トンネル(仮称):16m
    • 御殿山トンネル:13m
    • 御殿山トンネル-JR予讃線アンダーパス:16m
    • JR予讃線アンダーパス前後:25m
    • JR予讃線アンダーパス-終点:16m
  • 車線数
    • 起点-奥の池南交差点:4車線
    • 奥の池南交差点-終点:2車線
  • 最高速度
    • 起点-奥の池南交差点:50km/h
    • 御殿橋-終点:40km/h

整備中区間[編集]

2011年現在、中間の2か所と起点部分の1か所が未供用であるため、この市道は3区間の細切れになっている。高松市は、この路線を整備中の都市計画道路の中でも最重要路線に位置づけており、財源は2008年度までが国の臨時交付金ガソリン暫定税率など)と市債を約半々、2009年度が道路特定財源一般財源化で発生した新交付金を充てている。

県道43号〜宮前公民館前交差点(現在の起点)[編集]

この未供用区間は現在の起点から県道43号中徳三谷高松線本線までのわずか220mほどの区間であるが、用地買収に応じていない地権者が多いため、工事は長期間にわたりストップしている。この区間が完成すれば接続する予定の県道43号中徳三谷高松線本線の接続予定部分(交差点予定地)では、交差点の設置を見越して北方面からの右折レーン用地が反対車線に膨らむ形で確保されている。そのため県道を南方面から北進すると車線自体が歩道側に大きく蛇行しているため、スピードを落とすことを余儀なくされる。

気象台西交差点〜三条二ツ橋交差点[編集]

この区間はことでん琴平線を跨ぐ区間であり跨線橋の建設が必要である他、前後区間は住宅密集地で、かなりの住民が立ち退きを迫られることになるため、事業化の目途は立っていない。

奥の池南交差点〜御殿橋[編集]

この区間は石清尾山塊を跨ぐ区間であり、用地買収に難航している上記の未供用区間とは違って、延長487mのトンネル(仮称・御殿山トンネル)の整備が開通の条件となる。高松市道で初となる山岳トンネル[2]の建設工事は2009年度末に着工し、御殿山トンネル自体は2011年10月11日に貫通した[3]。その後、前後区間も含めて2013年度末の開通を目途に工事が進み、2013年11月時点における進捗率が用地取得面積ベースで約92%、事業費の契約ベースで約91%にまで至っていたが、トンネル西側区間の鶴市町部分(御殿浄水場貯水池南側)は地権者の抵抗によって用地境界の画定や取得が難航しており、結果的に開通延期は不可避となった。この部分の買収無しでは完成済みのトンネルを通行することが不可能であり、工期が延びれば事業費も膨らむ一方であるため、市は地権者本人にかわって登記官が境界の位置を特定する筆界特定制度を活用し、当該地権者が所有する土地の境界画定に取り組むとともに、最終手段として土地収用法に基づく強制収用の執行も視野に入れている[4]。そして2017年に収用手続が行われ、ようやく事業が動き始めた。

橋梁[編集]

  • 御殿橋(L=132.8m、W=16.8m)
  • 本津川新橋(L=62.1m、W=16.1m)

都市計画道路指定[編集]

都市計画道路木太鬼無線は未供用部分も含め当市道全線に相当する。

都市計画道路木太鬼無線

沿革[編集]

重複区間[編集]

なし

通過する自治体[編集]

交差・接続している道路[編集]

接続する道路
北← 市道木太鬼無線 →南
交差点
県道43号中徳三谷高松線本線 高松市 木太地区
<旧空港通り>
市道木太林線
宮前公民館前
市道上福岡多肥下町線 松縄中央 太田地区
サン・フラワー通り
市道朝日町仏生山線
気象台東
<伏石街道>
県道43号中徳三谷高松線別線2
気象台西
御坊川
本庁地区
市道花園町上之町線 -
<塩江街道>
県道280号高松香川線
三条二ツ橋
国道11号高松南バイパス 東ハゼ町[6] 鶴尾地区
市道東ハゼ田村線 高松南消防署西
県道266号勅使室新線 土居の宮
県道172号川東高松線 奥の池南
御殿山トンネル
弦打地区
香東川 御殿橋
<香東川自転車道>
県道269号塩江香川高松自転車道線
<産業道路>
県道176号檀紙鶴市線
鶴市本村
<旧丸亀街道>
県道175号衣掛郷東線
本津川新橋東詰
本津川 本津川新橋
鬼無地区
<丸亀街道>
県道33号高松善通寺線
藤井

※交差道路が灰色の起点部分、伏石街道-塩江街道、香川県道172号川東高松線-香東川は未開通部分

脚注[編集]

  1. ^ 高松市議会会議録・平成25年第6回(12月)定例会-12月13日-06号 P.207
  2. ^ 単にトンネルとしては、鉄道等をくぐる地下道が複数存在するほか、かつて林町にあった旧高松空港の滑走路をくぐるトンネルがあった(同空港閉港後に埋められた)。このトンネルがあった場所は現在の香川県立図書館・文書館の東側にあたる。
  3. ^ 市長活動報告(平成23年10月)高松市ウェブサイト
  4. ^ 高松市議会会議録・平成25年第6回(12月)定例会-12月13日-06号 P.212
  5. ^ 高松市・都市計画道路の指定状況
  6. ^ 2010年3月にはこの交差点の信号機に「高松南消防署東」という表示板が設置されたが、設置直後の同年4月に多肥下町に移転したため名が体を表さなくなり、ほどなくして撤去された。なお、南消防署の庁舎は同年中に解体され、跡地には2011年に救急ステーションが建設された。

関連項目[編集]

座標: 北緯34度19分11.1秒 東経134度2分37秒 / 北緯34.319750度 東経134.04361度 / 34.319750; 134.04361