高巖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
高巌から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「髙巖」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

高 巖(たか いわお、1956年3月10日 - )は日本の経営学者及び経済学者麗澤大学企業倫理研究センター長、経済学部長を歴任。現在、麗澤大学経済学部経営学科教授内閣府消費者委員会委員長

人物・経歴[編集]

大分県出身。麗澤大学外国語学部イギリス語学科、早稲田大学大学院商学研究科博士修了。ペンシルベニア大学客員研究員商学博士。「高宮賞」(組織学会)受賞。「SCCE国際企業倫理コンプライアンス賞」受賞。日本の企業倫理の確立に大きく貢献した。平成29年度消費者支援功労者表彰(内閣総理大臣表彰[1]。2015年三菱地所監査役。2016年三菱地所取締役。2017年内閣府消費者委員会委員長[2]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『「誠実さ(インテグリティ)」を貫く経営』(日本経済新聞社)
  • コンプライアンスの知識』(日経文庫)
  • CSR―企業価値をどう高めるか』(日本経済新聞社)
  • 『H.A.サイモン研究―認知科学的意思決定論の構築』(文眞堂)

編著[編集]

主な役職[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]