河上正二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

河上 正二(かわかみ しょうじ、1953年2月12日[1] - )は、日本法学者。専門は民法愛媛県新居浜市出身。

略歴[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

  • 1982年4月 - 千葉大学法経学部助手
  • 1985年4月 - 千葉大学法経学部助教授
  • 1990年4月 - 東北大学法学部助教授
  • 1993年4月 - 東北大学法学部教授(民法講座)
  • 2000年4月 - 東北大学大学院法学研究科長・法学部長(2004年3月まで)
  • 2000年8月 - 東北大学大学院法学研究科教授(大学院重点化による)
  • 2008年4月 - 東京大学大学院法学政治学研究科教授
  • 2011年9月 - 第2次内閣消費者委員会委員長
  • 2013年9月 - 第3次内閣消費者委員会委員長

著書[編集]

  • 『約款規制の法理』(有斐閣、1998年)
  • 『民法学入門』(日本評論社、2004年)
  • 『民法総則講義』(日本評論社、2007年)
  • 『歴史の中の民法――ローマ法との対話』(訳書:オッコー・ベーレンツ著/日本評論社、2001年)

リンク[編集]