高島淳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高島 淳(たかしま じゅん、1955年1月 - )は、日本宗教学者。専門は、宗教史学インド仏教学

東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所教授

略歴[編集]

1977年東京大学教養学部教養学科卒業、1980年、東京大学大学院人文科学研究科宗教学宗教史学専修修士課程修了、1988年、同博士課程単位取得退学。

日本学術振興会特別研究員愛知県立大学文学部助教授、東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所助教授を経て、現職。

著書[編集]

共著[編集]

  • 『From material to deity - Indian rituals of consecration』(永ノ尾信悟との共著、インド・Manohar、2005年)

共編[編集]

科研費[編集]

  • 『東南アジア研究のための多言語文書処理システムの開発』(東京外語大学、2005年)
  • 『ネパール写本の画像データベースの構築』(東京外語大学、1998年)
  • 『画像データとテキストデータを連結させた写本データベースの構築』(東京外語大学、1996年)
  • 『ヒンドウー教シヴア派聖典写本のデータベース化』(東京外語大学、1993年)

訳書[編集]

共訳書[編集]

論文[編集]