馬来田国造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

馬来田国造(うまくたのくにのみやつこ、まくたのくにのみやつこ、うまくたこくぞう、まくたこくぞう)は、上総国中西部を支配した国造

概要[編集]

祖先[編集]

成務天皇朝に天津彦根命の子孫で茨城国造の祖とされる建許呂命の子の深河意弥命が馬来田国造に定められたのに始まるという。

氏族[編集]

不明。

本拠[編集]

上総国望陀郡金鈴塚古墳など小櫃川下流域の木更津市内にある祇園・長須賀古墳群は、馬来田国造が造営したと考えられている。

氏神[編集]

不明。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『國史大辭典』(吉川弘文館)
  • 坂本太郎・平野邦雄『日本古代氏族人名辞典』(吉川弘文館)
  • 『日本史広辞典』(山川出版社)
  • 『神道大辞典』(臨川書店)

外部リンク[編集]