香露

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ころうどんの一例

香露(ころ)は、うどんきしめん又はそばに汁をかけた料理。主に中京圏で食べられる。

うどんコロ、コロうどん、きしコロ、コロきしなど麺を区別するために名前にコロを付けて呼ぶ場合と単にコロと呼ぶ場合とがある。

なお、素麺冷や麦など、もともと冷たい麺類には用いない。

発祥[編集]

現在は岐阜県多治見市にある信濃屋の初代店主が戦前名古屋市中区にあったうどん屋を任されていた際、当時まかないとして食べられていた冷たいうどんを「香露かけ」と名付けて客に提供したことが「ころ」の名称の由来である[1]。当時すでに好評を得ていた「香露かけ」であるが、空襲で店が焼失してしまい、戦後になって疎開先の多治見で店を再開した[1]

特徴[編集]

元来は温かいものにも用いられたが、現在では一般的に冷たいものを指す。

ざるではなく丼に盛りつけられ、生姜などの薬味とともに予め汁をかけた状態で供される場合が多い。見た目は冷たいかけうどん天ぷらうどんといった風情になる。

薬味以外の他の具材を乗せた場合はコロと呼ばないことから、ぶっかけうどんなどに近い。

出典[編集]

  1. ^ a b <最終回>「ころうどん」のルーツ 中区の店「まかない」発祥:なごや特走隊(CHUNICHI Web)”. 中日新聞社 (2009年6月1日). 2012年9月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月7日閲覧。
[ヘルプ]

関連項目[編集]