飽戸弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

飽戸 弘(あくと ひろし、1935年3月14日 - )は、日本社会学者東京大学名誉教授。専門は、社会心理学コミュニケーション論

来歴[編集]

神奈川県生まれ。1959年東京大学教育学部卒業。

東京大学新聞研究所助手、埼玉大学教養学部助教授、東京大学新聞研究所助教授、東京大学文学部助教授・教授、95年定年退官、名誉教授。

その後、東洋英和女学院大学人間科学部教授、東洋英和女学院大学学長放送倫理・番組向上機構(BPO)理事長(2015年3月まで)を歴任。2013年秋、瑞宝中綬章受勲。現在、一般社団法人・社会調査協会理事長。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『コミュニケーション――説得と対話の科学』(筑摩書房, 1972年)
  • 『社会調査入門――調査を生かす12章』(日本経済新聞社, 1975年)
  • 『消費文化論――新しいライフスタイルからの発想』(中央経済社, 1985年)
  • 『新しい消費者のパラダイム』(中央経済社, 1987年)
  • 『社会調査ハンドブック』(日本経済新聞社, 1987年)
  • 『メディア政治時代の選挙――大統領はこうしてつくられる』(筑摩書房, 1989年)
  • 『コミュニケーションの社会心理学』(筑摩書房, 1992年)
  • 『売れ筋の法則――ライフスタイル戦略の再構築』(ちくま新書, 1999年)

共著[編集]

編著[編集]

  • 『広告効果――受け手心理の理論と実証』(読売テレビ放送KK, 1972年)
  • 『シリーズ・政治と経済の心理学(1)政治行動の社会心理学』(福村出版, 1994年)
  • 『シリーズ・政治と経済の心理学(2)消費行動の社会心理学』(福村出版, 1994年)
  • 『ソーシャル・ネットワークと投票行動』(木鐸社, 2000年)

共編著[編集]

脚注[編集]


外部リンク[編集]