風が吹けば桶屋が儲かる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

風が吹けば桶屋が儲かる(かぜがふけばおけやがもうかる)とは、日本語ことわざで、ある事象の発生により、一見すると全く関係がないと思われる場所・物事に影響が及ぶことの喩えである。 「大風が吹けば桶屋が喜ぶ」などの異形がある。

由来[編集]

江戸時代の町人文学、浮世草子の気質物(かたぎもの)が初出とされる。明和5年(1768年)開版の無跡散人著『世間学者気質(かたぎ)』巻三「極楽の道法より生涯の道法は天元の一心」において、三郎衛門が金の工面を思案するくだりの一部が以下である。

葛飾北斎作の富嶽三十六景「尾州不二見原」、桶を製作する江戸時代の職人

とかく今の世では有ふれた事ではゆかぬ。今日の大風で土ほこりが立ちて人の目の中へ入れば、世間にめくらが大ぶん出来る。そこで三味線がよふうれる。そうすると猫の皮がたんといるによって世界中の猫が大分へる。そふなれば鼠があばれ出すによって、おのづから箱の類をかぢりおる。爰(ここ)で箱屋をしたらば大分よかりそふなものじゃと思案は仕だしても、是(これ)も元手がなふては埒(らち)(あか)

— 無跡散人『世間学者気質』より、慣用句辞典 より転記。[1]

関連内容として、(1)大風が吹けは土埃が立ち、盲人などの眼病疾患者が増加する。(2)盲人などが三味線を生業とし、演奏方法を指導したり、門付で三味線を演奏するので、三味線の需要が増える。(3)三味線製造に猫の皮が欠かせないため、猫が多数減り、が増加する。これら鼠は箱の類(桶など)をかじることから、桶の需要も増加して桶屋が儲かるだろう。が挙げられている。

ここでは「風が吹けば箱屋が儲かる」などの成句の形はみえず、「」のかわりに「の類」となっている。また、『東海道中膝栗毛』二編下(享和3年、1803年)では、「箱」になっている。

江戸時代には、江戸並びに地方の城下では、桶屋町や指物町などの職人町が発達していた。庶民の手桶や商品製造用の商家桶(味噌桶など)を生業とした「桶屋」があり、また木を組んで木箱を組み立てた上で、その上に精巧な細工を施す「指物屋」などがあった。

俗説[編集]

一部の俗説では、「桶」は「棺桶」の意味で、何らかの理由で死者が増え、棺桶の需要が増えるとも言われるが、これは間違いである。江戸時代の日本で成立した落語で、棺屋(こしや)を早桶屋と別称していることなどから、近代になって曖昧になったのではないかとされる[2][要出典]。しかし、先述したとおり、「桶」より「箱」が古い形である。

ほかにもいくつか俗説がある。また、冗談大喜利として新説が考え出されることもある。

これらの背景には、オリジナルの因果関係が突拍子もないこと自体のほか、当時の盲人が音曲を生業としていたこと、三味線に猫皮が使われることなど、当時の文化に関する知識が必要とされることがある。

近年では、北海道オホーツク海沿岸でこれに類する話が派生している。

  1. 北風により流氷が接岸する。
  2. 特に夜間には急激に気温が下がり、室内でも氷点下の気温となる。
  3. 漬物桶、風呂桶、漁具の桶が凍結し、破壊される。
  4. 桶の需要が増え桶屋が儲かる

歴史上の様々な疫病を示唆される。その所以は空気中の細菌やウイルスが風で伝播して人々に伝染り(エアロゾル感染)結果的に多くの遺体を棺桶(ひつぎ)へ入れることからともされている。

書籍[編集]

  • 『「風が吹けば桶屋が儲かる」のは0.8%!?』丸山健夫 PHP研究所 2006年(詳しい起源の解説あり) ISBN 4569654320

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 原典は著作権保護期間満了につきPD。表記は文献により多少の違いがある。読み仮名は原典にはない。
  2. ^ 桶屋は小僧が頼んだ手桶の修繕を断り、「急ぎなら棺屋(こしや)に持っていけ、通称が早桶屋だから」と返答する話が落語にある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]