頭陀寺城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
頭陀寺城
静岡県
別名 市場城、伝・松下屋敷
城郭構造 不明
天守構造 なし
築城主 松下氏?
築城年 不明
主な改修者 不明
主な城主 松下之綱
廃城年 16世紀
遺構 なし(地下に遺構あり)
指定文化財 なし
位置 北緯34度41分53.4秒
東経137度45分21.2秒
地図
頭陀寺城の位置(静岡県内)
頭陀寺城
頭陀寺城

頭陀寺城(ずだじじょう)は、現在の静岡県浜松市南区頭陀寺町[1]にある高野山真言宗の古刹・靑林山頭陀寺(づだぢ)の門前にあった戦国時代日本の城

概要[編集]

地元の伝承では別名市場城とも云う。引間城主・飯尾氏寄親とする寄子の土豪・近江源氏松下氏の居城で、松下氏は頭陀寺の寺侍であった可能性が強い。川匂庄(かわわのしょう)の領家は頭陀寺であった。

天文20年(1551年)頃から約3年間、まだ無名の豊臣秀吉松下之綱(松下加兵衛)に仕えたと『太閤素生記』に記されている。

永禄6年(1563年)遠州忩劇(今川氏と飯尾氏の争乱)で焼き討ちに遭い、炎上する。

江戸時代は、松下之綱の長男暁綱の家系が、松下屋敷の当主となって明治38年(1905年)まで居住した。

遺構[編集]

遺構は1945年アメリカ軍による空襲と艦砲射撃で、頭陀寺の本堂(法堂)、仏殿、三重塔、行者堂、庫裏、御影堂、仁王門などとともに壊滅した。

広さは約1町(109m)四方で、ほぼ土豪の一般的な大きさで、頭陀寺自体を含めると、広さについては、もっと大きかったのかもしれない。かつて、城の周囲は田となっており、戦国時代の頭陀寺城は、通称「松下屋敷跡」(別名:田中屋敷)といわれる場所の地下80cmにあることが、平成13年(2001年)10月の発掘調査でほぼ明らかになっている。また、焼き討ちにあったことを裏付ける炭跡も確認されている。

井戸跡からは大きな硯石や高級青磁の破片が発見されており、松下氏は交易商人でもあった可能性がある。

頭陀寺町第一公園の、わずかに土塁の面影を残すところにある「松下屋敷跡石碑」は、松下氏の屋敷神を祀る、「松下稲荷」の本殿のあった場所で、かつては応神天皇敦実親王を祀っていた所である。松下稲荷は頭陀寺の境内に移転した。

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

  • 冨永公文『松下加兵衛と豊臣秀吉』(東京図書出版会、2002年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]