青陽郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:郡庁の建物の外観の画像提供をお願いします。2013年4月
忠清南道 青陽郡
청양 장곡사 하 대웅전 01.jpg
七甲山・長谷寺の下大雄殿
位置
青陽郡の位置
各種表記
ハングル: 청양군
漢字: 靑陽郡
片仮名転写: チョンヤン=グン
ローマ字転写 (RR): Cheongyang-gun
統計
面積: 479.67 km²
総人口: 32,191人(2014年12月) 人
行政
国: 韓国の旗 大韓民国
上位自治体: 忠清南道
下位行政区画: 1邑9面
青陽郡の木: ケヤキ
青陽郡の花: クロフネツツジ
青陽郡の鳥: オシドリ
自治体公式サイト: 青陽郡

青陽郡(チョンヤンぐん、せいようぐん)は、大韓民国忠清南道の郡。

地理[編集]

  • 山:七甲山
  • 河川:
  • 湖沼:

隣接している自治体[編集]

歴史[編集]

  • 三国史記には青陽・定山の名前がある。もともとは百済の領土で、古良夫里・悦己があった。景徳王はこれを青正・悦城に改名した。古良夫里が青正になったのは、新羅時代の軍隊(10停)の1つで、襟の色が青色であったことといわれている。[1]
  • 1914年4月1日 - 郡面併合により、定山郡青陽郡に編入。青陽郡に以下の面が成立(10面)。
    • 邑内面・雲谷面・大峙面・南陽面・化城面・飛鳳面・定山面・木面・青南面・長坪面
  • 1917年10月1日 - 邑内面が青陽面に改称(10面)。
  • 1979年5月1日 - 青陽面が青陽邑に昇格(1邑9面)。
  • 1995年6月27日 - 郡守選、鄭元永が当選。
  • 1998年6月4日 - 郡守選、鄭元永が再選。
  • 2002年6月13日 - 郡守選、金是煥が当選。
  • 2006年5月31日 - 郡守選、金是煥が再選。

行政[編集]

  • 郡守:金是煥

行政区域[編集]

邑・面 法定里
青陽邑 校月里、軍糧里、栢川里、碧泉里、松防里、邑内里、長承里、赤楼里、正坐里、清水里、学堂里
雲谷面 光岩里、茅谷里、美良里、新垈里、永陽里、位羅里、秋光里、孝悌里、厚徳里
大峙面 広金里、光大里、農所里、九峙里、大峙里、上甲里、水石里、柿田里、五龍里、梨花里、鵲川里、開谷里、長谷里、酒亭里、炭井里、衡山里
南陽面 九龍里、金井里、大鳳里、梅谷里、白琴里、鳳岩里、新旺里、温岩里、温直里、龍頭里、龍馬里、興山里
化城面 広坪里、九在里、基徳里、農岩里、梅山里、山亭里、水汀里、新亭里、龍堂里、長鶏里、花江里、花岩里
飛鳳面 江亭里、寛山里、録坪里、方閑里、舎店里、新院里、養士里、龍川里、長在里、中墨里
定山面 光生里、南泉里、内草里、大朴里、徳城里、馬峙里、白谷里、西亭里、松鶴里、新徳里、駅村里、瓦村里、龍頭里、天庄里、鶴岩里、海南里
木面 大平里、本義里、松岩里、新興里、安心里、池谷里、華陽里
青南面 内直里、大興里、東江里、上場里、牙山里、旺津里、仁良里、中山里、芝谷里、泉内里、青所里
長坪面 冠峴里、九龍里、楽只里、美堂里、分香里、隠谷里、赤谷里、竹林里、中楸里、之川里、化山里

警察[編集]

消防[編集]

経済[編集]

姉妹都市・提携都市[編集]

韓国内[編集]

海外[編集]

地域[編集]

教育[編集]

交通[編集]

鉄道路線[編集]

道路[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

  • 七甲文化祭

出身有名人[編集]

その他[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ ネイバー知識百科:韓国民族文化大百科(韓国語)