青倉神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
青倉神社
青倉神社(あおくらじんじゃ)兵庫県朝来市.JPG
本殿
所在地 兵庫県朝来市山内権現谷82-1
位置 北緯35度15分9.1秒
東経134度52分2.6秒
主祭神 和久産果神または倉荷魂神
例祭 4月25日(例大祭)
テンプレートを表示

青倉神社(あおくらじんじゃ)は兵庫県朝来市青倉山(811m)の中腹にある神社であり、善隆寺(納座地区)の奥の院とされている。

「目の神様」として知られている。巨岩の裏より湧き出る水は御霊水とされ、目の病気に効くと言われている。実際、微量のホウ酸が含まれているようである。巨岩を御神体とし、神社はそれに張り付くように建築されている。

国道312号沿いに参道の入口となる巨大な石造りの大鳥居がある(神社はこの地点より約7km先)。

所在地[編集]

兵庫県朝来市山内権現谷82-1

祭神[編集]

和久産果神倉荷魂神の二説がある

祭り[編集]

  • 青倉神社大祭(4月25日
    • 善隆寺にて露店、餅まき等

昔話[編集]

昔々、おじいさんがウドを採っている最中に過って目にウドのトゲを刺してしまい、大変苦しんでいた。親孝行の息子がたいそう心配していたところ、神様が夢枕に立ち「岩から湧き出る水をつけると治る」とお告げをした。目覚めた息子は、夜が明けるとすぐ湧き出る水を探しを始め、山々を巡ってようやく巨岩の奥から流れている清水を見つけだした。それを持ち帰り、父親の目につけると、痛みが消えていき、目が見えるようになったそうな。

この昔話から、神社の氏子はウドを食べないという。

近隣[編集]

アクセス[編集]

昔はふもとの川上地区から約4kmを徒歩で行く必要があったが、現在は川上地区、多々良木地区、生野町黒川地区の各方面から神社のすぐ近くまで車で行くことができる。

外部リンク[編集]