陳道談

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

陳道談(ちん どうだん、? - 549年頃)は、南朝陳の文帝陳蒨や宣帝陳頊の父。陳の武帝陳霸先の兄にあたる。名は道譚(どうたん)とも書かれる。始興昭烈王を追贈された。

経歴[編集]

陳文讃の子として生まれた。に仕えて、東宮直閤将軍となった。侯景の乱が起こると、手2000を率いて建康の援軍となったが、城中で流れ矢に当たって戦死した。

没後の事情[編集]

557年太平2年)、侍中・使持節・都督南兗州諸軍事・南兗州刺史の位を追贈され、長城県公に追封された。は昭烈といった。陳が建てられると、さらに驃騎大将軍・太傅揚州牧の位を贈られ、始興郡王に改封された。子の陳頊は梁の承聖末年に西魏により関中に連行されていたが、陳霸先は陳頊に始興王の封を嗣がせて、道談の祭祀を奉じさせることとしていた。559年永定3年)6月に陳霸先が死去し、陳蒨(文帝)が即位したが、陳頊はまだ北周から帰国していなかったため、同年10月に陳蒨は陳頊を安成王とし、陳蒨の次男の陳伯茂を始興王に封じて、道談の祭祀を奉じさせた。

子女[編集]

  • 陳蒨(文帝)
  • 陳頊(宣帝)
  • 信義長公主(到郁の妻)

伝記資料[編集]