陳守度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
陳守度
各種表記
クォック・グー Trần Thủ Độ
漢字チュノム 陳守度
北部発音: チャン・トゥ・ド
音読み ちん しゅど
テンプレートを表示

陳 守度(ちん しゅど、ベトナム語: Trần Thủ Độ / 陳守度, 天資嘉瑞9年(1194年) - 紹隆7年(1264年)1月)は、陳朝大越の実質的な創始者。

生涯[編集]

建嘉13年(1223年)に輔国太尉として国政を担っていた従兄の陳嗣慶が死去するとその跡を引き継ぎ、外戚(陳嗣慶の姉妹の順貞皇后中国語版は皇帝恵宗の皇后)として大いに権力を振るった。翌建嘉14年(1224年)には恵宗を譲位させてその次女の仏金を擁立し(昭皇)、李朝を完全に乗っ取った。建中2年(1226年)には自分の従甥[1]に当たるを昭皇と結婚させて皇位を陳氏のものとし(太宗)、李朝の太上皇だった李(恵宗)を自殺に追い込んだ[2]天応政平元年(1232年)に仏金とその姉中国語版以外の李一族を全員殺害している[2][3]。また、未亡人となった従姉の順貞恵后(太宗のおば)を妻に迎えた[2]。その後は太師の地位に就き[3]、天応政平3年(1234年)には太宗より統国太師の称号を授けられ[2]、天応政平6年(1237年)には太宗の兄である陳柳と権力を争いこれを失脚させた[2][3]

陳守度が李朝を簒奪したこと、またその後恵宗の后を娶ったことなどの振る舞いに対して、後世の史家は厳しい批判を加えているが、その一方での侵攻を前にして国政の安定をもたらした点を評価する見方もある[誰によって?][3]

また、陳守度と陳朝創設との関連について、恵宗を迎えた陳嗣慶[4]や「太祖」の廟号を追尊された陳承中国語版(太宗の父、陳嗣慶の兄)、その長男である陳柳の功績が過小評価される反面、陳守度の功績が過大に見られているとする批判がある[5]

脚注[編集]

  1. ^ 通説では陳守度は陳の「叔父」とされているが、『大越史記全書』には陳守度を「叔父」と「従叔(親の従弟)」とする記述が混在している(桃木、2011年、P272)。
  2. ^ a b c d e 『大越史記全書』本紀巻之五 陳紀 太宗皇帝
  3. ^ a b c d ベトナム史略』 第1巻 第3部 第6章 陳氏
  4. ^ 没するまでは陳一族の当主であり、陳朝成立後に「建国(大)王」の称号が贈られている。陳氏の全国平定を実現させ王朝の基礎を築いたのは陳嗣慶とする説がある(桃木、2011年、P209-210・301-302)。
  5. ^ 桃木、2011年、P287-290・301-302

参考文献[編集]