阿部寿美代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

阿部 寿美代(あべ すみよ、1964年2月10日 - )は、日本ノンフィクション作家、翻訳家。宮城県仙台市出身。宮城県第一女子高等学校(現・宮城県宮城第一高等学校)を経て、早稲田大学第一文学部、フランス・リヨン第二大学文学部卒業。1987年NHK記者として入局し、医療、教育、国際報道などを担当。1996年に退職。

1999年に、『ゆりかごの死 乳幼児突然死症候群(SIDS)の光と影』で第29回大宅壮一ノンフィクション賞受賞。2012年より、英語、フランス語、ドイツ語の出版翻訳を始める。

著書[編集]

  • 『ゆりかごの死~乳幼児突然死症候群(SIDS)の光と影』新潮社、1997年)

訳書[編集]

  • ヴァラム・ミュラティアン『パリ・ヴァーサス・ニューヨーク~二つの都市のヴィジュアル・マッチ』BNN新社 2012年
  • ジェイコブ・F. フィールド『戦争と演説~歴史をつくった指導者たちの言葉』原書房 2014年
  • クリスチアーネ・V・フェルシェリノ/ソニア・ヴコヴィッチ 『クリスチアーネの真実~薬物依存、売春、蘇生への道』中央公論新社 2015年
  • ソフィア・アモルーソ『‪#GIRLBOSS(ガールボス)~ 万引きやゴミあさりをしていたギャルがたった8年で100億円企業を作り上げた話』CCCメディアハウス 2015年
  • ローレンス・スタインバーグ『15歳はなぜ言うことを聞かないのか?~最新脳科学でわかった第2の成長期』日経BP社 2015年
  • ディヤン・スジック/イアン・ルナ他『SONY DESIGN MAKING MODERN』日経ナショナルジオグラフィック社 2016年
  • ウィル・バショア『マリー=アントワネットの髪結い~素顔の王妃を見た男』原書房 2017年