阪下圭八

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

阪下 圭八(さかした けいはち、1927年11月23日 - 2012年)は、日本文学研究者、東京経済大学名誉教授。専門は古代日本文学。

東京生まれ。1950年鎌倉アカデミア文学科卒業。1953年法政大学文学部日本文学科卒業。1953年からの日本文学協会勤務を経て、1959年に法政大学文学部助手。1962年、法政大学大学院博士課程単位取得満期退学。西郷信綱に師事。1963年、東京経済大学専任講師。1966年、助教授を経て、1972年に教授。1998年、定年退職、名誉教授[1]

著書[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ 「阪下圭八教授年譜並びに主要著作」『人文自然科学論集』第107号、東京経済大学、 5-9頁、 ISSN 0495-8012

参考文献[編集]

  • 「わが友阪下圭八さん」『日本文学』第61巻第4号、日本文学協会、 40-41頁。表紙・目次

外部サイト[編集]