関渡宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
関渡宮
地図

関渡宮(かんとぐう、正体字:關渡宮)は、台湾台北市北投区知行路360にある寺院1661年の創建で、台湾北部最古の媽祖としても知られる[1]

主神は媽祖で、それに従う2鬼神である千里眼順風耳も媽祖像の脇侍像として置かれている。二十八部衆千手観音も古仏洞に祀られている[2]二十八天には迦楼羅天(迦楼羅王)や孔雀明王などは存在しないのであくまで「二十八部衆」となる。このため関渡宮の二十八部衆像は日本国以外で存在する二十八部衆像として大変貴重なものとなる。なお、延平郡王三将軍殿では鄭成功と三将軍を祀る。

交通アクセス[編集]

フォトギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ブルーガイド海外編集部(2012)、p. 64
  2. ^ 關渡宮祭神一覧:關渡宮の祭神詳細 - 關渡宮(日本語版)、2017年7月23日閲覧。

参考文献[編集]

  • ブルーガイド海外編集部『わがまま歩き37 台北』実業之日本社、2012年

関連項目[編集]

座標: 北緯25度7分4.3秒 東経121度27分49.6秒 / 北緯25.117861度 東経121.463778度 / 25.117861; 121.463778