関山和夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

関山 和夫(せきやま かずお、1929年10月8日 -2013年5月9日[1])は、日本の民俗学者、話芸研究者、佛教大学名誉教授、元京都西山短期大学学長。

来歴[編集]

愛知県生まれ。生家は浄土宗西山派の寺である。1952年大谷大学国文学科卒、愛知県で県立高校の教諭。1964年『説教と話芸』で日本エッセイストクラブ賞受賞、同時期より東海学園女子短期大学助教授、教授を経て、佛教大学教授。1976年「説教の歴史的研究」で大谷大学文学博士。1987年『落語風俗帖』などで芸術選奨新人賞受賞。2000年に退任し佛教大学名誉教授。京都西山短期大学学長。

僧侶たちが行った芸能としての「説教」(節談説教)が話芸の源流にあるとの観点から、独特の芸能史を展開。祭文琵琶浄瑠璃浪花節などの語りものや、節談説教・絵解き万歳講談落語などの「話す芸」について多角的に究明し、「話芸」という言葉の創始者でもある。落語の公演企画も多く行っている。なお落語関係の著作が多かった作家安藤鶴夫とも交流があった。

1967年から落語を聴く会「含笑長屋」を名古屋で開催していた。

著書[編集]

  • 安楽庵策伝 咄の系譜』青蛙房 1961
  • 『説教と話芸』青蛙房 1964
  • 『寄席見世物雑志 名古屋寄席興行史』泰文堂 1968
  • 『中京芸能風土記』青蛙房 1970
  • 『説教の歴史的研究』法蔵館 1973、新版1980
  • 『話芸の系譜 大衆話芸の歴史をさぐる』創元社 1973
  • 『説教の歴史 仏教と話芸』岩波新書 1978 / 白水Uブックス 1992
  • 『仏教と民間芸能』白水社 1982
  • 『仏教芸能』佛教大学通信教育部 1985
  • 『落語風俗帳』白水社 1985 / 白水Uブックス 1991
  • 『落語食物談義』白水社 1986 / 白水Uブックス 1991
  • 『落語名人伝』白水社 1986 / 白水Uブックス 1992
  • 『庶民文化と仏教』(日本仏教のこころ) 大蔵出版 1988 / 改題「庶民芸能と仏教」2001
  • 『庶民仏教文化論 民衆教化の諸相』法蔵館 1989
  • 『安楽庵策伝和尚の生涯』法蔵館 1990

編纂など[編集]

  • 醒睡笑 安楽庵策伝 桜楓社 1981.12
  • 説教集 大乗仏典〈中国・日本篇30〉 中央公論社 1987
  • 小寺玉晁 見世物雑志 三一書房 1991。郡司正勝と共編
  • 仏教文学芸能 関山和夫博士喜寿記念論集刊行会 2006.11

脚注[編集]

  1. ^ 関山和夫氏死去 - 京都新聞2013年5月9日(archive.today、2018年2月12日閲覧)

外部リンク[編集]