長浜郷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
台東県の旗 台東県 長浜郷
別称: 加走湾
2010 07 18060 6160 Chenggong Township, Highway 30.JPG
玉長トンネル東側出口
地理
Changbin Township.PNG
位置 北緯--°--'
東経--°--'
面積: 155.1868 km²
各種表記
繁体字: 長濱郷
日本語読み: ちょうひん
ながはま[1](慣用読み)
漢語: Chángbīn
通用: -
注音符号: ㄔㄤˊ ㄅㄧㄣ
片仮名転写: チャンビン
行政
行政区分:
上位行政区画: 台東県の旗 台東県
下位行政区画: 18村498鄰
政府所在地: -
長浜郷長: 潘淑芳
公式サイト: 長浜郷公所
情報
総人口: 7,730 人(2015年1月)
戸数: 2,930 戸(2015年1月)
郵便番号: 962
市外局番: 089
長浜郷の木: -
長浜郷の花: -
長浜郷の鳥: -

長浜郷(ちょうひん-きょう)は台湾台東県

地理[編集]

長浜郷は台東県北東端に位置し、北は花蓮県豊浜郷と、西は花蓮県玉里鎮富里郷と、南は成功鎮とそれぞれ接し、東は太平洋に面している。山地を背にし海に面しており、丘陵地帯を中心とした地勢となっている。住民の多くはアミ族であり、ほかにブヌン族クバラン族平埔族なども分布している。

歴史[編集]

長浜郷の旧称は「加走湾」(カソワン)であり、その由来には2説伝えられている。一つはアミ語が転轉化したというものであり、アミ族が闘いの際に設けた「望楼」を意味したというものである。もう一つがアミ族の猟場で狩猟を行なった後、獲物を居住地に持ち帰る際に多くのゴキブリも連れ帰ったとされ、ゴキブリを意味する台湾語に近い音として「加走」が用いられたというものである。漢人の進出は光緒年間になってから開始された。

日本統治時代、この地は台東庁の管轄とされ、「加走湾庄」が設置された。1937年、この地の海岸線が長大であったことから內地風地名の「長浜庄(ながはま)」と改称され[1]、台東庁新港郡へ帰属した。戦後は台東県長浜郷と改編され現在に至っている。

経済[編集]

行政区[編集]

歴代郷長[編集]

氏名 任期

教育[編集]

国民中学[編集]

国民小学[編集]


交通[編集]

種別 路線名称 その他
省道 台11線

観光[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 安倍明義編 『臺灣地名研究』 杉田書店、昭和十三年。

外部リンク[編集]