太麻里郷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
台東県の旗 台東県 太麻里郷
別称: 兆猫里・朝猫籬・大猫狸・大麻里
地理
Taitou tamarikyou.svg
位置 北緯22°02'
東経121°00'
面積: 96.6523 km²
各種表記
繁体字: 太麻里郷
日本語読み: たまり
漢語: Tàimălĭ
通用: -
注音符号: ㄊㄞˋ ㄇㄚˇ ㄌㄧˇ
片仮名転写: タイマーリー
行政
行政区分:
上位行政区画: 台東県の旗 台東県
下位行政区画: 9村142鄰
政府所在地: -
太麻里郷長: 程正俊
公式サイト: 太麻里郷公所
情報
総人口: 11,593 人(2014年1月)
戸数: 4,611 戸(2014年1月)
郵便番号: 963
市外局番: 089
太麻里郷の木: -
太麻里郷の花: -
太麻里郷の鳥: -

太麻里郷(たまりきょう)は台湾台東県である。

地理[編集]

太麻里郷は台東県南東部に位置し、北は卑南郷台東市と、西は金峰郷と、西南は達仁郷と、南は大武郷とそれぞれ接し、東は太平洋に面している。中央山脈を背にし、沿岸部の平原を除くと大部分が山地に属しており、最高海抜は2,000mに及ぶ。

歴史[編集]

太麻里郷は古くはパイワン族パナパナヤン社の居住地であり、太麻里(チャバリィ)という地名もパイワン語で「太陽が照りつける肥沃な土地」という意味である。「太麻里」という表現以外にも清代の文献の中で「兆猫里」、「朝猫籬」、「大猫狸」、「大麻里」とも記載されている。

日本統治時代になると台湾西部より漢人が移入するようになり、1920年の台湾地方制度改制の際に「太麻里區」が設置され、1937年に「太麻里庄」と改称、台東庁台東郡の管理となった。戦後は台東県太麻里郷と改編され現在に至っている。

経済[編集]

行政区[編集]

歴代郷長[編集]

氏名 任期

教育[編集]

国民中学[編集]

国民小学[編集]


交通[編集]

種別 路線名称 その他
鉄道 南廻線 太麻里駅 金崙駅 瀧渓駅
省道 台9線

観光[編集]

  • 金侖温泉
  • 白玉瀑布
  • 金針山青山休閑農場
  • 台湾山地人祖先初祥地碑

外部リンク[編集]