鍋島直柔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鍋島 直柔(なべしま なおとう、1858年11月12日安政5年10月7日) - 1910年明治43年)2月7日)は、日本の子爵蓮池藩鍋島家当主、貴族院議員。従五位。妻は鍋島直紀の娘。子に鍋島直和堀田正恒、教子(鍋島貞次郎妻)、葉室直躬、文子(三島弥彦妻)がいる。

経歴[編集]

佐賀藩主・開拓使長官鍋島直正の八男。肥前国生まれ。幼名は尚丸。1868年明治元年)11月、鍋島直紀の養子となる。1870年5月、従五位を授けられる。1871年11月、養父直紀の隠居により、家督を相続した。慶應義塾に入学した。1873年2月、明治政府からイギリス留学を許可された。当初、2年間の留学を予定していた。

日清戦争の役で軍資金を陸軍に寄附。1895年(明治28年)9月に貴族院子爵議員に選出され、死去するまで在任した[1]

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』50頁。
  2. ^ 『官報』第7986号「叙任及辞令」1910年2月8日。

参考文献[編集]