鉄砲鍛冶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
の鉄砲鍛冶

鉄砲鍛冶(てっぽうかじ)とは、鉄砲の生産に従事した鍛冶職人のこと。

概要[編集]

鉄砲伝来後に、日本で最初の鉄砲鍛冶で呼ぶべき人物は、天文12年(1543年)に種子島において鉄砲の生産に成功した八板清定(金兵衛)らであったとされている。螺子の技術など当時の日本では知られていなかった技術が用いられていたため、八板らは苦心をして鉄砲を製作したことが知られているが、要領が明らかになると比較的単純な技術をもって製作が可能であったことから各地に生産が広まった。

種子島以外では和泉国紀伊国根来近江国国友及び日野などが代表的な産地であったが、他にも刀剣農具の生産で知られていた備前国長船城下町である鹿児島仙台も知られた。ただし、多くの鉄砲鍛冶は刀剣や農具、錠前などの生産などを兼ねている事が多かった。

そんな中で堺と国友の鉄砲鍛冶は早くから徳川氏に協力してきた功績によって、大坂の役後に江戸幕府から毎年一定数の鉄砲の納入を義務付けられて幕府の御用を務めることとなった。その権威を背景に堺と国友では年寄を中心とした組合組織が作られ、平鍛冶や台師・金具師を統制する体制が整えられた。だが、幕府御用を盾とした年寄と平鍛冶ら職人や周辺の一般住民らの対立が続き、次第に衰退していった。

幕末から明治にかけて火縄銃が廃れて、西洋式銃に移行していく中で鉄砲鍛冶の多くは長年の保護と職人気質から西洋式銃への転換を拒んで廃業・帰農する者が多かったと言われている。

鉄砲鍛冶職人[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 所荘吉「鉄砲鍛冶」(『国史大辞典 9』(吉川弘文館、1988年) ISBN 4-642-00509-9

外部リンク[編集]