鈴木廣之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 廣之(すずき ひろゆき、1952年- )は、日本美術史学者、東京学芸大学教授。

東京都生まれ。1977年東京大学文学部美術史学科卒、79年同大学院修士課程修了。東京文化財研究所に入り、美術部日本東洋美術研究室長[1]。東京学芸大学教授[2]。2013-16年美術史学会代表委員。

著書[編集]

  • 狩野秀頼筆高雄観楓図屏風 記憶のかたち』平凡社 絵は語る 1994
  • 『好古家たちの19世紀 幕末明治における《物》のアルケオロジー』吉川弘文館 シリーズ近代美術のゆくえ 2003

編・監修[編集]

翻訳

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『好古家たちの19世紀』著者紹介
  2. ^ researcmap

外部リンク[編集]