鈴木平一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 平一郎(すずき へいいちろう、1896年2月18日[1] - 1971年10月5日[2])は、日本の政治家衆議院議員(1期)。清水市長。

経歴[編集]

静岡県清水市出身。1914年早稲田大学商科卒[1]。清水市議、同参事会員、静岡県議、同副議長などを経て[2]1946年第22回衆議院議員総選挙に静岡県(当時は大選挙区制)から立候補して当選した。衆議院議員を1期務めた後、清水市農地委員、同委員長を歴任し[2]1955年の清水市長選挙に立候補して当選した。

市長在職中は市内に住宅が増設され、日本平テレビ塔ロープウェイが開設[1]1957年には静岡で国体が開かれ、天皇皇后の視察を受けた[1]。このほか、石岩ふ頭(富士見ふ頭)の完成や大型漁船の建造も進められた[1]

1959年に市長を退任した。このほか清水青果市場社長、清水観光協会会長なども務めた[2]。1971年死去。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『日本の歴代市長』第2巻 376頁。
  2. ^ a b c d 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』336頁。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『日本の歴代市長』第2巻、歴代知事編纂会、1983年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。