鈴木亨 (詩人)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 亨(すずき とおる、1918年9月29日 - 2006年12月9日)は詩人神奈川県横浜市出身。

慶應義塾大学文学部国文科卒業、同大学院修士課程修了。第2次『四季』に寄稿、のち編集に当たる。1939年『山の樹』を創刊、主宰。90年より詩誌「木々」を主宰。98年「火の家」で丸山薫賞受賞。明治大学教授、跡見学園女子大学教授、宇都宮文星短期大学教授。

2006年肺炎のため死去した。享年88。

著書[編集]

  • 『少年聖歌隊』ユリイカ 1960 山の樹叢書
  • 『近代詩入門 夜明けにうたう詩人たち』大泉書店 1969
  • 『夢想者の系譜 現代詩探訪』泰流社 1984
  • 『遊行 詩集』花神社 1986
  • 『現代詩鑑賞 20人の詩人たち』桜楓社 1987
  • 『歳月 詩集』花神社 1992
  • 『火の家 詩集』花神社 1997
  • 『埋もれたラ・マルセイエーズ 詩集』花神社 1999
  • 『星条旗 詩集』花神社 2002
  • 『柳絮 詩集』花神社 2004
  • 『鈴木亨詩集』土曜美術社出版販売 新・日本現代詩文庫 2005

編纂[編集]

  • 八木重吉詩集』白凰社 1967 青春の詩集
  • 『愛の詩集』編 偕成社・ジュニア版日本文学名作選 1972