鈴木三右衛門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
すずき さんえもん
鈴木 三右衛門
本名 同じ
別名義 鈴木 三ヱ右衛門
鈴木 左衛門(すずき さえもん)
川越 一平(かわごえ いっぺい)
鈴木 大介(すずき だいすけ)
生年月日 (1903-03-25) 1903年3月25日
没年月日 不詳年
出生地 日本の旗 日本 埼玉県比企郡川島町牛ヶ谷戸
職業 俳優
ジャンル 劇映画時代劇現代劇サイレント映画トーキー
活動期間 1925年 - 1964年

鈴木 三右衛門(すずき さんえもん、1903年3月25日 - 没年不詳)は、日本の俳優である[1][2]。本名同じ。旧芸名は鈴木 三ヱ右衛門(読み同じ)、鈴木 左衛門(すずき さえもん)、川越 一平(かわごえ いっぺい)、鈴木 大介(すずき だいすけ)[1]

来歴・人物[編集]

1903年3月25日埼玉県比企郡川島町牛ヶ谷戸に生まれる[1][2]

1923年11月に開校された日本映画俳優学校の一期生として、1925年5月に卒業[1]。同年、日活大将軍撮影所に入社し、脇役として活躍する[1]1934年には日活多摩川撮影所に移籍し、1936年熊谷久虎監督映画『情熱の詩人啄木 ふるさと篇』など多数の作品に出演した[1]

戦後、東宝を経て1956年日活に復帰[1]。以後も脇役として十数本の作品に出演した。ところが1964年山崎徳次郎監督映画『ギターを抱えたひとり旅』以降の出演作品が見当たらず、以後の消息は不明である[1][2]没年不詳。また、1930年代初頭・東宝時代には川越一平、戦時中には鈴木左衛門1960年代初頭には鈴木大介という芸名で活動していた。

出演作品[編集]

  • 夫婦全集(1927年、日活大将軍) - 友人瀬戸
  • 愛の町(1928年、日活大将軍) - 菊池家三太夫
  • 思ひ出の水夫(1928年、日活大将軍)
  • 生ける人形(1929年、日活太奏
  • 大洋児出船の港(1929年、日活太奏)
  • 天国其日帰り(1930年、日活太奏)
  • 山に鳴る男(1931年、日活太奏) - 亭主
  • しかも彼等は行く 前・後篇(1931年、日活太奏) - 植木屋の爺
  • 五人の愉快な相棒(1931年、日活太奏) - 生糸楽本舗主人
  • 仇討選手(1931年、日活太奏) - 床屋のおやじ
  • 前線部隊(1934年、日活多摩川) - 加藤の父
  • うら街の交響楽(1935年、日活多摩川) - 老夫婦
  • 無情の夢(1935年、日活多摩川) - 健造
  • 少年靴屋(1935年、日活) - 三輪政吉
  • 人生劇場(1936年、日活多摩川) - 上園
  • 生命の冠(1936年、日活多摩川) - 漁夫
  • 隣の奥さん(1936年、日活多摩川) - 美知子の父
  • 高橋是清自伝 前・後篇(1936年、日活多摩川) - 同父
  • 蒼氓(1937年、日活多摩川) - 本倉
  • 裸の町(1937年、日活多摩川)
  • 限りなき前進(1937年、日活多摩川)
  • 令嬢殺し犯人(1938年、日活多摩川) - 金子宗吉
  • 路傍の石(1938年、日活多摩川) - 巡査
  • 爆音(1939年、日活多摩川) - 東京のおぢさん
  • 土(1939年、日活多摩川) - 源さん
  • 汐風の乙女(1939年、日活) - 直蔵
  • 歴史 第一部 動乱戊辰(1940年、日活多摩川) - 福島屋平兵衛
  • 悲曲「母」(1940年、日活多摩川)
  • 武蔵野夫人(1951年、東宝
  • 生きる(1952年、東宝)
  • 吹けよ春風(1953年、東宝)
  • 安五郎出世(1953年、東宝) - 軍造 漁業組合理事長
  • 花の中の娘たち(1953年、東宝) - 吉村
  • 太平洋の鷲(1953年、東宝) - 特高係官A
  • 七人の侍(1954年、東宝)
  • 潮騒(1954年、東宝)
  • むすめ巡礼 流れの花(1956年、日活) - 駐在の警官
  • 女子寮祭(1957年、日活) - 先生
  • 狂った関係(1957年、日活) - 和尚
  • フランキー・ブーチャンのあゝ軍艦女護が島奮戦記(1957年、日活)
  • 美しき不良少女(1958年、日活) - 校長
  • 陽のあたる坂道(1958年、日活) - 一杯のみ屋の親爺
  • 素っ裸の年令(1959年、日活)
  • ギターを持った渡り鳥(1959年、日活) - 海上保安官1
  • 白銀城の対決(1960年、日活) - 助役
  • 海を渡る波止場の風(1960年、日活) - ビワ畠の主人
  • 星の瞳をもつ男(1962年、日活) - 榊欣造
  • 浅草の灯 踊子物語(1964年、日活)
  • 鉄火場破り(1964年、日活) - 人力車の客
  • 執炎(1964年、日活)
  • ギター抱えたひとり旅(1964年、日活)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 『日本映画俳優全集 男優篇』 キネマ旬報社、1979年、296頁。
  2. ^ a b c 『日本人物レファレンス事典 芸能篇1 (映画・演劇・タレント)』 日外アソシエーツ、2014年

外部リンク[編集]