鈴木まどか (エジプト学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 まどか(すずき まどか、1945年(昭和20年)[1] - 2018年(平成30年)1月17日[2])は、昭和から平成時代のエジプト学者

経歴[編集]

愛知県に生まれる[1]東京芸術大学美術学部を卒業後、ソルボンヌ大学大学院博士課程を修了[1]倉敷芸術科学大学芸術学部教授[1]。1981年から86年にかけてエジプトのアコリス遺跡の発掘隊長を務める[1]。以来、ミイラ包装に用いた銘や図入りの葬祭用亜麻布の調査、エジプト宗教やミイラ化儀式について研究を行った[1]

2015年(平成27年)に大学を定年退職後にNPO法人地域資源文化研究所を設立した[2]。2018年(平成30年)1月17日、自宅のある千葉県船橋市交通事故により死去した[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f 『クレオパトラ 謎の海底宮殿 講談社プラスアルファ文庫』著者紹介
  2. ^ a b c 鈴木まどか先生を偲ぶ”. 山陽技術振興会. 2021年7月28日閲覧。