金龍静

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

金龍 静(きんりゅう しずか、1949年 - )は、北海道生まれの歴史学者僧侶本願寺史料研究所副所長、円満寺住職。

来歴[編集]

  • 1949年、北海道樺戸郡新十津川町の浄土真宗本願寺派円満寺に生まれる。
  • 1972年、富山大学文理学部卒業。
  • 1976年、名古屋大学大学院文学研究科博士後期課程退学(網野善彦に師事)
  • 1976年、名古屋大学文学部助手
  • 父の死去により北海道へ戻り円満寺住職に就任。
  • 1996年、本願寺史料研究所員に就任。
  • 2006年、同副所長。

蓮如研究で知られるが、中世・戦国・近世に至る北陸宗教史、真宗史、及び北海道仏教史に関する論文がある。

著書[編集]

  • 『蓮如上人の目指した地平』(真宗大谷派宗務所出版部、1996)
  • 『蓮如』(吉川弘文館、1997)
  • 『蓮如上人の風景』(本願寺出版社、1998)
  • 『一向一揆論』(吉川弘文館、2004)

主な論文[編集]

  • 「加賀一向一揆の形成過程」(『歴史学研究』436、1976)
  • 「戦国時代の本願寺内衆下間氏」(『名古屋大学文学部研究論集』史学24、1977)
  • 「越中一向宗教団の成立と構造」(『仏教史学研究』、1983)
  • 「戦国期本願寺支配権の一考察」(『戦国大名論集』13、1984
  • 「戦国期の本願寺宗主史料の一特徴」(『印度哲学仏教学』4、1989)
  • 「戦国時代の本願寺内衆下間氏」(『蓮如大系』3、法蔵館、1996)
  • 「宗教一揆論」(『蓮如大系』5、法蔵館、1996)
  • 「一向宗の宗派の成立」(『講座蓮如』4、平凡社、1997)
  • 「菅生の願正考」(『蓮如上人研究』1998)
  • 「イエズス会史料の一向宗」(蓮如上人五百回忌記念論集『蓮如の世界』、1998)
  • 「黎明期の松前専念寺考」(『印度哲学仏教学』14、1999)
  • 「中世一向宗の善知識観」(『日本の歴史と真宗』、自照社出版、2001)

関連項目[編集]