金子有卿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

金子 有卿(かねこ ありのり、1846年1月18日(弘化2年12月21日[1])- 1923年大正12年)1月16日[1][2])は、日本の政治家神職華族貴族院男爵議員有郷と表記される場合がある[3]

経歴[編集]

石見国安濃郡川合村(現島根県大田市川合町川合)で物部神社社家・金子有久の二男として生まれる[1][3][注 1]元治元年7月7日1864年8月8日)父の隠居に伴い家督を相続し第47代石見国造となる[1][3]1875年9月、華族に列せられ、1884年7月8日、男爵を叙爵した[1][4][5]

明治4年1871年)物部神社権宮司に就任し、権大講義、大教正神道大社教副管長などを歴任[2][3]明治元年1868年)から川合国漢塾を設け神道教育と共に国漢教育を行い、また、皇典講究所委員にも就任した[2][3]雅楽管弦、歌道に精通し、御歌所講頌、御歌会参候も務めた[3]

1890年7月、貴族院男爵議員に選出され、1911年7月まで三期在任した[2]

著作[編集]

  • 『年中拝辞略』西橋忠昭、1885年。
  • 福羽美静答、金子有卿 問、野村伝四郎編『礼節問答』八屋書店、1894年。

親族[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『人事興信録』第6版 、か116頁では五男。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『平成新修旧華族家系大成』上巻、443-444頁。
  2. ^ a b c d 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』68頁。
  3. ^ a b c d e f 『神道人名辞典』第103頁。
  4. ^ a b 『人事興信録』第6版 、か116頁。
  5. ^ 『官報』第308号、明治17年7月9日。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』上巻、霞会館、1996年。
  • 『神道人名辞典』神社新報社、1986年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第6版、1921年。


日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
物部神社社家)金子家初代
1884年 - 1920年
次代:
金子有道