金子徳好

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

金子 徳好(かねこ とくよし、1924年7月24日 - 2007年11月26日)は、反戦活動家平和活動家ミニコミ研究家である。東京都渋谷区出身。

来歴・人物[編集]

1924年7月24日、東京都渋谷区に生まれる。東京高等農林学校(現・東京農工大学)中退。

戦後渋谷でローカル新聞を主宰。労組書記(全銀連)を経て、日本機関紙協会勤務。1965年、「アメリカはベトナムから手をひけ」を書いたゼッケンをつけて8年間にわたり通勤。その記録として『ゼッケン8年』(朝日新聞社)を1974年に刊行している。1981年10月には核廃絶を訴え再びゼッケン通勤を始め、1984年の広島原爆忌まで続けられた。退職後は地域のミニコミに力を入れ、地域からの平和運動を研究・促進。港区長選挙に立候補経験がある(落選)。

2007年11月26日三鷹市の病院で心筋梗塞により死去。83歳没。

妻・金子静枝は切り絵作家。徳好が文章、静枝が切り絵の画文集『東京わが町』『きり絵でつづるある夫婦の戦後史』などを出版。長男・金子修介は映画監督。次男・金子二郎は脚本家。

著書[編集]

外部リンク[編集]