金子孚水

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

金子 孚水(かねこ ふすい、1897年明治30年)5月6日1978年昭和53年)5月31日)は、大正時代の浮世絵商、版元

来歴[編集]

1897年(明治30年)5月6日、山形県米沢市に七人兄弟の三男として生まれている。本名は清次。16歳の時に上京し、酒井好古堂に勤め、小林文七の教えも受けるようになった。25歳の時、画家小杉未醒の命名により、「浮世絵」の「浮」の字を二つに割った雅号、孚水と号した。孚水は浮世絵研究家として知られ、特に葛飾北斎の研究で知られる。1924年(大正13年)9月、本郷区湯島同朋町15番地(現・文京区湯島3丁目)に浮世絵商の店「孚水画房」を開店している。その後、ここは支店となり、孚水画房本店は下谷区西黒門町21番地(現・台東区上野1丁目)に移転して営業していた。このころ、高橋弘明のほか、山田馬助という絵師による新版画を製作、版行している。しかし、1934年(昭和9年)5月におこった贋作事件春峰庵事件により、版元としての活動は厳しい状況に陥り、さらに1941年(昭和16年)12月8日に勃発した太平洋戦争によって、その活動は中止せざるを得なくなった。なお、製作された版木は太平洋戦争中、同朋町の支店に保管収蔵されていたが、戦災により焼失している。孚水画房による弘明の最も古い版画作品は「四季乃富士」という作品で、1929年(昭和4年)12月25日の刊行であった。弘明は孚水画房において1932年(昭和7年)まで「裸婦と黒猫(仮題)」のような扇情的な裸婦のほか、動的な猫などを描き、他の版元とは異なる自由な作風を示していた。1943年(昭和18年)3月には浮世絵研究会を発足させる。1956年(昭和31年)4月、徳島で浮世絵名品展が行われた際、青木進三朗と出会っている。

孚水は1913年(大正2年)頃から、国立の浮世絵美術館創設を提唱、1937年(昭和12年)、独立奔走、議会に働きかけるも、支那事変勃発により、頓挫、第二次世界大戦後の平和な時代になっても計画の進展はみられず、「日本古美術保護協会」を結成しようと試みるも、政府筋の賛同が得られずに終わった。その後、水田三喜男に強く国立浮世絵美術館開設のことを訴えるも、結局、実現できずに終わった。その間、国内において何十回と浮世絵展を実施、晩年は自ら水彩画を描き、小布施北斎館開館に尽力している。1978年、死去。

著作[編集]

  • 『秘蔵版浮世絵 火の巻』緑園書房、1963年
  • 『秘蔵版浮世絵Ⅱ 清信の春秋絵巻』緑園書房、1964年
  • 『浮世絵肉筆画集』全3巻 緑園書房、1964年
  • 『秘蔵版浮世絵Ⅱ 細田栄之 女護が島絵巻』緑園書房、1965年
  • 『歌麿の歌まくら秘画帖』画文堂、1967年
  • 『小林和作家蔵浮世絵肉筆名品画集』画文堂、1969年
  • 『北斎と浪千鳥秘画帖』画文堂、1969年
  • 『肉筆葛飾北斎』(監修)毎日新聞社、1975年
  • 『肉筆浮世絵集成』全2巻(監修)毎日新聞社、1977年

関連項目[編集]

参考図書[編集]

  • 清水久男編 「こころにしみるなつかしい日本の風景 近代の浮世絵師・高橋松亭の世界」 国書刊行会、2006年