金子周次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

金子 周次(かねこ しゅうじ、1909年 - 1977年)は千葉県銚子生まれの木版画家

銚子の履物店に生まれた金子周次は、双葉小学校時代(旧銚子尋常高等小学校)世界的な銅版画家の浜口陽三と机を並べて学んでいたと言われている。

木版画を始めたのは45歳になってからで、10年後の1964年(昭和39年)に棟方志功主催の日本版画院展で「春宵」が新人賞を受賞。愛宕山(天王台)にあった豚舎を住居兼アトリエにし制作に没頭する。アトリエからは犬吠埼が良く見え、創作の原点である「潮の香り」「強い風」が感じられる場所である。特に作品の「犬吠埼」は関東最東端のイメージが強く出ており、日本の海の原風景が感じられる。伏見宮貞愛親王の元別邸跡に建つホテルから丁度同じような構図が確認出来る。