野路由紀子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

野路 由紀子(のじ ゆきこ、1952年昭和27年)10月20日 - )は、日本の歌手福井県出身。

人物[編集]

魚屋の4人姉弟の長女として、小さな頃から同じ境遇の美空ひばりに憧れて歌手を志す。高校を中退し、歌手を目指して上京し、聖川湧に出会いレッスンを受ける。

1971年(昭和46年)、デビュー曲の『私が生まれて育ったところ』がいきなりヒットした。この年は同じ福井県出身の五木ひろしをはじめ、小柳ルミ子天地真理南沙織野口五郎などがデビューした新人豊作の年であった。この曲は“ディスカバージャパン”と言われていた当時の日本が見直されたことを反映したヒット曲であった。

続いて、1972年(昭和47年)にはTBSドラマ主題歌となった『北信濃絶唱』、1973年には『嫁入り舟』と毎年コンスタントにヒットを飛ばした。その後は長く売れない時期が続いたが、1988年(昭和63年)に発売した『しのび宿』が久々のヒットとなる。

1995年から10年程自由が丘スナックを開いたこともあったが、歌手業専念のため、2005年に閉店。結婚歴はあり、一人娘がいる[1]

2006年から歌手活動を本格的に再開し、新曲『ラストメール』も発売。2013年12月31日、「第46回年忘れにっぽんの歌」(テレビ東京)に出演。

2006年に復帰パーティを行った都内ホテルの会場にはかつて所属していたバーニングプロダクションの社長周防郁雄や部長の河西成夫も姿を見せた。[2]

バーニングプロダクションの女性第1号歌手でもある。

主な出演[編集]

テレビ[編集]

歌番組[編集]


ドラマ[編集]

ラジオ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ゲンダイネット「あの人は今こうしている」
  2. ^ アサヒ芸能』(徳間書店)2006年12月年末年始合併号 「再起に掛けるヒット曲歌手のこれから」 閲覧。